FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

さよなら武蔵野線205系
昨日、浦和に所要があり出かけました。
当然武蔵野線を利用するのですが、往路の西浦和到着直前205系とすれ違いました。
帰路、南浦和で武蔵野線ホームに上がると大砲を持ったその筋の人たちで溢れかえっており、ちょうど直前に南越谷方面に205系が去っていったのを察しました。

武蔵野線は自分にとってあまりにも日常使いの路線であって、わざわざ「武蔵野線のために撮り鉄する」ということがほとんどありませんでした。
そんなわけで、今日は過去画像の中からあえてお蔵入り寸前、しかし205系が日常だった写真を掲載したいと思います。

写真 026s
2006年9月16日 北朝霞~西浦和にて
「わざわざ武蔵野線を撮影」したときの1枚です。
自転車で荒川の土手まで行って撮影しました。
当時、あまり性能のよくないコンデジを使っていたのでどの写真もイマイチな仕上がりでこれも明らかに失敗です。
ただ、205系同士のすれ違いをギリギリ捉えたというだけの写真です。

IMG_7389s.jpg
2014年2月11日 新八柱にて
この日の行きがけに撮影しました。
武蔵野線については、こんな感じでどこかに行くついでに乗った列車を記録した写真が大量にあり、そのほとんどが北朝霞駅ホーム上でした。
そういえば武蔵野線経由は運賃的に高くなるので、鎌ケ谷に行く際はあまり新八柱乗り換えはしていないですね。

もうオレンジ帯の205系が並ぶことは無くなったわけで、出来の悪い写真でも貴重な思い出です。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

VVVFインバータの嚆矢
新京成8800形は1986年2月26日にデビュー。
「長編成を組む直流1500V架線集電車両として世界で初めて量産された」という金字塔を持つ車両です。
もちろん関東地方における本格的VVVF車両のトップバッターでもあります。
関東2番手の東急9000系とはデビューがわずか11日差です。

そんな8800形を主に私の鎌ケ谷在住時代の写真で振り返ります。

IMG_0001s_20201016222219013.jpg
車番不明 1992年1月7日 北初富~初富にて
カメラのこと全然詳しくなくて、天気とか時間帯とか全く気にせずただ「ヒマだから」みたいな感じで撮影してます。
この日は霧雨みたいな天気でした。

IMG_0002s_202010162222217ca.jpg
8840F 1992年11月15日 くぬぎ山~北初富にて
くぬぎ山車両基地にほど近い踏切からの撮影です。
この辺りだけは今も当時とあまり雰囲気が変わっていないようです。

IMG_0003s_2020101622222280a.jpg
8824F? 1992年11月15日 元山~くぬぎ山にて
自転車で色んな所へ行くのが好きだったんですが、カメラを持っていくと言う考えはあまりなく自転車移動での撮影の西限はここくぬぎ山でした。(カメラ無しなら松戸駅まで行きました)

IMG_0004s_20201016222224c67.jpg
8896F 1992年12月6日 新鎌ケ谷~初富にて
お馴染み新鎌大カーブ。
画面左手奥に見える白いフェンスで囲まれたエリアは、「暫定交通広場」と名付けられたロータリーで、本数は僅かでしたがバスの発着もありました。

IMG_0005s_20201016222226551.jpg
8840F 1992年12月11日 初富にて
大きな全面窓と角型のケースにまとめられた灯具類がこの車両のスマートさの肝だと思います。

IMG_0006s_20201016225149527.jpg

IMG_0007s_20201016225150987.jpg

IMG_0008s_2020101622515268e.jpg
8832F 1994年2月13日 新鎌ケ谷にて(上記3点とも)
一面銀世界の新鎌ケ谷駅前。
94年2月は私が高校3年生の時で大学受験中だったはずですが…。

IMG_0009s_20201016225153eba.jpg
8848F 1994年2月13日 新鎌ケ谷~初富にて
やはり手摺とかスカートとか帯無しドアとかは邪道だなって思ってしまうのです。

IMG_0010s_202010162300207c4.jpg
モハ8875 1996年10月13日 くぬぎ山車両基地にて
なぜかこの中間車の写真を1枚だけ撮っています。
しかしVVVF制御装置やスパナのような形状のFS514台車、連続したクーラーキセとダブルパンタという8800形を象徴するポイントが凝縮された1枚でもあります。

IMG_0011s_2020101623002244c.jpg
8872F 1999年ごろ 新鎌ケ谷にて
北総線乗り入れ時代の誘導無線アンテナが残っている編成ですね。
高架線上を行くのは京急1000形(初代)。
4直開始以降も北総線に入ってくる運用は限られていたと思われ貴重な記録だと思います。

IMG_0012s_202010162300232fa.jpg
8808F 2002年ごろ 新鎌ケ谷~初富にて
VVVFの歴史を築いたトップナンバー編成。
これが原形原色の最後の記録となります。

この次の8800形の記録は2006年12月まで飛んでしまいます。
その間にスカートやらHMステー設置やらが進むことになります。

次回は90年代新京成番外編をお送りする予定です。
あくまで予定です。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

平成狸合戦
某氏が新京成沿線に新居を構えたということで、そのお祝いというわけでもないですが私が過去に撮影した新京成電車の写真をお蔵出ししたいと思います。

今回は現在最後の1編成が奮闘中の習志野狸こと8000形に絞ってお送りします。

IMG_0001s_20201013222125949.jpg
1991年4月3日 北初富~初富にて
北総線2期線の開業直後で、それに乗りに行く途中の道すがらに撮影した1枚です。
ここはこの1年後に新鎌ヶ谷のホームになる場所ですが、まだ影も形もありません。
列車の右後方に見える白い柵が野田線の線路になります。

IMG_0002s_202010132221260eb.jpg
1992年1月7日 北初富~初富にて
ちょうど野田線との交差部を越えて行くところです。

IMG_0003s_20201013222128b80.jpg
1992年5月31日 初富にて
旧マークのイトーヨーカドーが懐かしいです。
この時期の初富は、松戸側からは北総線直通列車が1時間に1本ほど北初富から分岐し、それに対応する形で津田沼側からは鎌ヶ谷大仏折り返しが設定されていたため、日中ダイヤで24分間列車が来ない時間がありました。

IMG_0004s_20201013222129234.jpg
1992年5月31日 京成津田沼にて
折り返し待ちの京成3050形の行先表示が大森台です。
右の建物には春闘のスローガンが掲げられていて時代を感じますね。

IMG_0005s_20201013222130047.jpg
1992年11月15日 北初富~新鎌ヶ谷にて
この年の7月に新京成の新鎌ヶ谷駅も開業しますが、辺りはまだ畑ばっかりで何もありませんでした。
画面奥の木の立っているあたりに農地へ入るためだけの第4種踏切がありました。

IMG_0006s_20201013224520053.jpg
1994年2月13日 新鎌ヶ谷~初富にて
折角の好アングルも前面に架かった架線柱の影で台無しな1枚。

IMG_0007s_20201013224521916.jpg
1994年2月13日 新鎌ヶ谷~初富にて
上写真と同地点でインカーブから。
手前に見える新し目の木の柵は千葉県の県有地の境界で、新京成高架化の際に仮線を敷設するために利用されました。
柵の手前は10年後にイオンモールが建つことになるのですが、この時はそんなこと想像もしていませんでした。

IMG_0008s_20201013224523eda.jpg
1994年2月13日 新鎌ヶ谷にて
上記2枚と同地点から振り返って新鎌ヶ谷駅を臨みます。
掘割の下には東武8000系が、高架線上には北総7000形のクーラーキセがチラ見しています。
鉄道3路線が交差していますがターミナル感はゼロ。

IMG_0009s_2020101322452458e.jpg
1996年10月13日 くぬぎ山車両基地にて
この日が新京成初の基地公開だったと思います。
私は当然ながら自転車でアプローチしました。

IMG_0010s_20201013224526140.jpg
1996年10月13日 くぬぎ山車両基地にて
上写真から引いた構図です。
当時最新鋭の8900形のピンクがまだ薄い時代です。

IMG_0011s_20201013231605e7c.jpg
2002年 新鎌ヶ谷~初富にて
現在地に引っ越してから久々の鎌ケ谷訪問。
毎年実家には帰ってましたが車なので撮り鉄はできていませんでした。
8000形は2002年よりスカートの取り付けが始まり表情が変化しました。

IMG_0012s_2020101323160806d.jpg
2002年 新鎌ヶ谷にて
仮線移設前の新鎌とスカート付き8000の組み合わせは2年ほどしか見られませんでした。

IMG_0013s.jpg
2004年 初富~鎌ヶ谷大仏にて
この頃の初富駅周辺は高架化工事は全くと言っていいほど手付かずでした。

IMG_0014s.jpg
2004年 初富にて
ちょうど来た列車が8502Fリバイバル塗装車でした。

IMG_0015s.jpg
2004年 北初富にて
この8502Fに初めてヘッドマーク取付ステーが設置されます。2003年のことです。

IMG_0016s_20201013234131381.jpg
2004年 北初富にて
ヘッドマーク取付ステーはこの後8000形他編成や8800形に波及していくことになります。

以上がフィルム撮影時代の8000形の記録の全てです。
スカートなし、ステーなし、ロゴマークなし、旧塗装を長年見慣れてきた私にとって今走っている奴は「何かが違う」のですが、それでも機会があれば最後の勇姿を拝みに行きたいと思います。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

華麗なる20系客車
本日、会社帰りに模型店に立ち寄り。
IMG_9482s_20201012204809bc8.jpg
鉄道ピクトリアル別冊 国鉄型車両の記録 20系固定編成客車
です。
編成表、形式集、車歴表と20系資料の決定版となり得る1冊です。
この中でナロ20 54の形式写真が掲載されていますが、以前Web上で見つけたものとはグリーンマークの位置が違っておりました。
検査などの塗装工程でマークの位置は度々変わっていたということでしょうか?

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

スカート
会社帰りに今日はいつもと違う模型店に立ち寄りました。

IMG_9475s_20200929222614923.jpg
KATOのASSYパーツ スカート(701系盛岡色)です。
ネット上で在庫検索するとどこも売り切れになっていたので焦りましたが普通に買えました。

701系仙台色のスカートをこれに交換します。
IMG_9478s.jpg
お分かりいただけますよね。
雲泥の差とはこのことです。
間抜けな顎外れ顔が大幅改善です。
無論、左が交換後、右が製品のままです。

IMG_9479s.jpg
4両の先頭車、全てを交換しました。
折角カプラーは新調したんだからスカートも初めからこうしてくれれば良かったのに…。

スカートは10個入りなので6個余りました。
701系を増やすくらいしか使い道が思いつきません。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用