FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

風雲!小田原城
6月23日、平日ですが休みですのでちょっと遠出。
混雑を避け10時過ぎの出発。
IMG_8144s_20200625202532468.jpg
池袋から湘南新宿ラインと快速アクティを乗り継ぎ。

IMG_8148s.jpg
小田原にやってきました。
小田原市を目的地として訪問するのは初めてです。

IMG_8158s_20200625202802a2e.jpg
小田原城にやってきました。
平日なら空いているだろうとの目論見です。

IMG_8163s.jpg IMG_8157s.jpg
馬出門桝形とその説明看板。

IMG_8173s_20200625202804fd8.jpg
西の丸観光案内所。
小田原町図書館として昭和8年に開館した建物で、実はこの小田原城址公園内で一番古い建物です。
昭和初期の洋館建築ですが、屋根だけ寺院風の純和風という折衷タイプがいい味を出しています。

IMG_8178s.jpg IMG_8184s.jpg IMG_8185s.jpg
銅門とその説明版。

IMG_8198s_20200625204509002.jpg IMG_8201s.jpg
常盤木門と説明版。

IMG_8208s_20200625204738f3c.jpg
天守閣は昭和35年に復興された鉄筋コンクリート製。

IMG_8224s.jpg
天守最上階から小田原市街と相模湾を望む。

IMG_8238s.jpg
小田原駅に185系「踊り子」が到着。

ここまでは江戸時代の小田原城の縄張りですが、せっかくなので戦国時代の遺構も少し見に行きます。
上り坂を歩くこと約15分。
IMG_8270s.jpg IMG_8271s.jpg
三の丸外郭新堀土塁。

IMG_8269s_20200625210237b3c.jpg
この高さまで登ってきました。
早川方面を望みます。

IMG_8276s.jpg IMG_8278s.jpg IMG_8273s_20200625210616961.jpg
小峯御鐘ノ台大堀切東堀。

山を下りまして天守の裏手(北西側)へ。
IMG_8295s.jpg IMG_8300s.jpg IMG_8301s.jpg
八幡山古郭東曲輪。
ちなみにこの真下を新幹線のトンネルが通っていて、通過すると振動が伝わってきます。

駅に帰ってきました。
IMG_8321s_20200625212009c42.jpg
西口の駅前には北条早雲公像がお出迎え。

IMG_8323s.jpg
帰りは最安ルートの小田急→メトロで帰宅しました。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

代々木近辺の鉄道遺産+α
緊急事態宣言解除後、初の週末である5月30日。
ターミナル駅を避けつつ都内を散策です。

IMG_8015s_20200531122532f09.jpg
副都心線、北参道駅で下車。
東京メトロ全駅中、下から9番目に利用者の少ないソーシャルディスタンス・ステーションです。(それでも乗降人員24000人超)

駅から明治神宮方面に向かって徒歩3分ほど
IMG_8016s_20200531122534761.jpg
山手線のガードが現れます。

IMG_8021s_20200531122537628.jpg
この裏参道架道橋は1924年(大正13年)の山手線複々線化及び明治神宮創建における参道の拡張に伴ってもとは踏切だったものが立体化されたものであり、山手貨物線の橋桁は1921年(大正10年)竣工、そして山手線(電車線)の橋桁はそれ以前の大正一桁台の竣工と推定されています。

IMG_8020s_20200531122535a1c.jpg
100年の歴史を物語るレンガ積みの橋台。

IMG_8026s.jpg
弧を描く角石にも大正浪漫を感じずにはいられません。

IMG_8025s_2020053112253908b.jpg
西側からの全景。
大正の架道橋を令和の電車が駆け抜けます。
(画像の電車はトウ39編成、2019年6月竣工の令和っ子です)

明治通りに戻ります。
IMG_8027s.jpg
明治通りと中央線の交差部分です。

IMG_8033s_20200531130834845.jpg
この新屋敷架道橋は1925年(大正14年)竣工。
中央線複々線化の際に建設されました。

IMG_8030s.jpg
等間隔に並んだ複々線分のガーダー橋が美しいですね。
しかし写真は南側からのみで、北側から撮影するのを忘れています。

そして今度は代々木駅へ向かう一方通行の商店街を進みます。
IMG_8037s.jpg
すぐに山手線と交差します。
手前の踏切が山手貨物線青山街道踏切、奥の架道橋が山手線(電車線)青山街道架道橋です。
雑然とした商店街と踏切、高架線、そして高層ビル。都市風景のすべてが凝縮された1枚かと。

IMG_8038s.jpg
踏切の銘版にはしっかりと山手貨物線の名称が残っています。
本来、開かずの踏切で踏切で有名な当地ですが、この日は渋谷駅線路切替工事の影響で全列車が運休。
警報機は点滅していますが通行はフリーでした。

IMG_8043s_202005311353281a2.jpg
こちらは架道橋の塗装銘版。

IMG_8042s.jpg
ここも裏参道架道橋と同時期の建設で、やはりレンガ積みの橋台が素敵です。
角石は直角になるように積まれています。

IMG_8044s.jpg IMG_8045s.jpg
道路が斜めに横断するので築堤と橋台はこんなに鋭角。

IMG_8040s.jpg
踏切上から原宿・渋谷方面を見ます。
奥に見える首都高の高架の下に先ほど訪れた裏参道架道橋があります。
わずかな距離でもこれだけの高低差があるのがわかりますね。

IMG_8041s_20200531142821e79.jpg
かわって代々木・新宿方面。
中央線が山手貨物線をまたいで代々木駅構内へと入っていきます。
複々線同士が合流・分岐するのは日本ではこの代々木~新宿間だけ…だと思います(自信なし)

IMG_8047s_20200531144404329.jpg
ガード下を抜けるとすぐに代々木駅です。
が、この駅は一旦スルーしてさらに西へと歩き続けます。

IMG_8051s.jpg
新海誠の映画に出てきそうな踏切。

IMG_8052s_202005311444071ea.jpg
南新宿3号踏切です。
都心近くの割と有名な撮影ポイントらしいです。

IMG_8061s_2020053114512889c.jpg
このようにゆるやかにs字を描く構図で撮れます。
ちなみにこの1096F、1052Fと1252Fを改造して10両固定化した編成で1988年製、ギリ昭和生まれ!

IMG_8065s_20200531145130863.jpg
小田急最後の鋼製通勤車8000形。これが撮れたので満足です。

IMG_8076s_202005311451312df.jpg
ロマンスカーは運休中ですが列車密度はそれでも高め。

IMG_8079s.jpg
ここまで列車が詰まっちゃいました。

この後大江戸線で落合南長崎へと出て総本山その1へ。
友人と落ち合い(落合だけに)池袋へと移動し総本山その2で久々の会合となりました。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

東京散歩 四ツ谷界隈
今日は色々と休みだったので都内に出かけました。
IMG_3777s_20170610212809ed3.jpg IMG_3779s_201706102128114ed.jpg IMG_3794s_20170610212812fc6.jpg
IMG_3801s_20170610212815ea7.jpg IMG_3807s.jpg IMG_3832s.jpg
IMG_3836s.jpg IMG_3848s.jpg IMG_3852s.jpg
あえて説明なしで。
どの写真も割と再現度高いと思うんですよねー(謎)

おまけ
IMG_3815s_20170610213425ecb.jpg IMG_3825s_20170610213427bf5.jpg
たまたま通りかかったら、迎賓館が前庭のみ一般公開されていたので寄り道しました。
明治生まれのネオバロック様式…カッコ良過ぎですね。
たまにはバスの話
和光市の広報誌、「広報わこう」3月号が届いておりました。
IMG_4767s_20130224173716.jpg
一面記事は来月16日に迫ったメトロ副都心線と東横線の直通に関する話題。

そして2面には
IMG_4768s.jpg
前から気になっていた市内循環バスの運行ルート変更の記事が載っていました。
このルート変更によって、今までの北コースで行われていた和光市駅北口における「バスに乗客として乗ったままターンテーブルで回転」が廃止されてしまいます。
私の調べた限りでは、このターンテーブルに乗客として乗ったまま回転を体験できるのはここ和光市の他には関東バスの南善福寺と伊予鉄バスの道後温泉しかないようでかなり貴重と思われます。
運行本数が少ないのが難点ですが、珍しい物好きなバス好きの方は廃止前に一度体験されてはいかがでしょう。
和光市ホームページには路線図と時刻表も載っています。

ちなみに変更後の各コースの方がルートも整理され運行本数も増える(それでも少ないと思う)ので、今までよりかなり使いやすくなると思います。

テーマ:埼玉県 - ジャンル:地域情報

陽だまりの彼女~舞台訪問鎌ヶ谷編~
朝方の雨模様も11時ごろにはすっかり上がった3連休の中日、ということで前回の大泉編に引き続きましての鎌ヶ谷編をお送りしたいと思います。

以下同小説のネタバレを若干含んでいるのでご注意ください。
[READ MORE...]

テーマ:ちょっとおでかけ - ジャンル:旅行