FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

103系スカイブルーの整備
今日は土曜日ですが、雨でしたので一日家に居ました。

IMG_8095s_20200613204726ae4.jpg
いきなり竣工画像です。
出来の良いモデルですのでパーツ類が埋まると一気に引き締まった表情になります。

IMG_8097s.jpg
方向幕は「大船」です。
快速にしなかったのは午前中東京に上ってくるブルートレインとの離合を再現するため。
今回はJRマークは貼りませんでした。

IMG_8101s.jpg
別件の鉄コレ収納用に購入していた10両ウレタンがあったので利用させてもらい、10両きれいに納めました。


さて、ここに至るまでに一番頭を悩ませたのがナンバーの選定です。
付属にインレタに収録されているナンバーですが、新製から209系置き換えまで浦和一筋みたいなナンバーは一両も収録されず、あまつさえ京浜東北線で使用されたことがない車番まで入っている始末。
(製品は方向幕パーツも京浜東北線の行先しか収録さておらず、他線区は想定されてなさそうなんですが)
これに気付いたのは、とりあえず両数の少ないサハの車歴を調べたら78年明石に新製配置、94年森ノ宮に転属という関西生え抜きの車両(サハ103-447)が収録されていたからです。

結局納得いくナンバーを選定するために収録されているすべての車番の車歴を調べました。
(今回使用しない初期型冷改車サハを除く)
以下自分用備忘録も兼ねて

クハ
307 74イケ 86カマ 86ウラ 96廃車
308 74イケ 86カマ 86ウラ 96廃車
395 76モセ 86ウラ 87マト 91ウラ 92マト 96廃車
396 76モセ 86ウラ 87マト 91ウラ 92マト 98廃車
415 76カマ 86ウラ 88ラシ 90ケヨ 94マト 03廃車
416 76カマ 86ウラ 88ラシ 90ケヨ 00廃車
481 78イケ 86ヤテ 86ウラ 98廃車
482 78イケ 86ヤテ 86ウラ 98廃車

モハ103・102
281・436 70イケ 86カマ 86ウラ 93トタ 04ケヨ 04廃車
309・465 72アカ 86ヒネ 95モリ 05廃車
310・466 72アカ 86ヒネ 09廃車
420・576 74イケ 86カマ 86ウラ 96廃車
421・577 74イケ 86カマ 86ウラ 96廃車
447・603 74イケ 86ウラ 90ラシ 90ケヨ 05廃車
449・605 74イケ 86ウラ 96廃車
566・722 76モセ 86ウラ 94ラシ 97廃車
588・744 77モセ 86ウラ 96マト 06廃車
651・807 78カマ 86ウラ 88ラシ 90ケヨ 00廃車
652・808 78カマ 86ウラ 88ラシ 90ケヨ 00廃車

サハ
417 76カマ 86ウラ 93マト 98廃車
431 77ウラ 95ケヨ 97廃車
437 78イケ 86カマ 86ウラ 97廃車
438 78イケ 86カマ 86ウラ 97廃車
447 78アカ 94モリ 06廃車
473 79カマ 86ウラ 96ラシ 99廃車

とまあご覧のようにサハ1両とモハ2ユニットが関西から離れたことのない車両、さらに浦和に2年しか在籍しなかった車両も散見されるかと思います。
上記の関西の車を除くと、下十条、蒲田に配置され86年の浦和集約を迎えた車両と山手線から86年に転属してきたものの2パターンで占められています。
下十条、蒲田は中間にクモハが入っている編成のイメージですので、山手転属組かつその後の浦和在籍年数が長いものを選びました。
クハが481、482
モハが103が420、421、449のユニット
サハが437、438
という具合です。
これらが編成を組んでいたかどうかは調べられませんでしたが、ネット上で調べられる写真では、これらすべての車両が両サイドに連結されている車両もユニットサッシでしたので、かなり正解に近い選択をしたかなと思っています。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

東海道'90s
今までもったいなくて手を付けられなかったこのシールについに刃を入れます。
IMG_7739s_20200322195009a82.jpg
さよなら急行東海セットに付属にシールです。
長らく放置状態でしたが、市場価値ももうそれほどでもないし、現在ではもっといいモデルがたくさん出ています。
それに特定編成のモデルなのでちゃんとした姿にしてあげないと意味がないですよね。

IMG_7740s_2020032219501128a.jpg=>IMG_7742s.jpg
TOMIXの近郊型に付属している幌パーツを加工しました。

IMG_7744s_2020032219501477b.jpg
クハ165-177に幌をゴム系にて接着、ヘッドマークは逆台形の物を両面テープで貼り付けました。
特に幌のついた177は精悍な顔つきになったと思います。
側面のサボは今日は時間がなかったのでまた今度。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

183系(千マリ)
明らかに終電不良で不調だった183系モハ183。
IMG_7734s_202003212152040b1.jpg
車輪は比較的きれいでしたが、やはり集電シューの軸受内部と車軸のピボット先端がかなり汚れていました。
今回、清掃の他に軸受け部に接点グリスを少量塗ってみました。

IMG_7737s_20200321215205779.jpg
完全復活、快調そのものです。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

東海道のスターたち
今週も手持ちの模型をチマチマといじってました。

月曜日
IMG_7720s_20200319223252160.jpg
20系殿様あさかぜのナハネフとカニにかもめナックルを、EF65P型には製品付属のナックルカプラーをそれぞれ取り付けました。

IMG_7721s_2020031922325387c.jpg
客車のナックルは以前北斗星の車両に施したものと同様、TNカプラーを連結できるように加工しました。

火曜日
IMG_7722s.jpg
KATOの旧製品のEF66、台車だけを外したかったのですが、再組込みが上手くいかず結局全バラシする羽目に・・・。

IMG_7724s_202003192232567a8.jpg
14系とEF30(共にTOMIX)は台車マウントタイプのTNカプラーに、EF66はかもめナックルにそれぞれ交換しました。
しかし、昔の機関車はスカートが半分くらい切り取られてたり台車と一緒に首振ったりと、でもこれで良かったんですからおおらかな時代でしたね~。

IMG_7726s_202003192232577b5.jpg
EF66のナックルを加工しTNと連結可にしました。
ご覧の通り高さもバッチリ合います。

水曜日
IMG_7730s_20200319224043f88.jpg
「さよなら急行東海」セットのモハ164動力車です。
走行時の異音が酷かったのですが、なかなか整備の手が回らずにいました。

IMG_7727s.jpg
台車を分解して注油、異音は解消されましたが通電不調が酷くギクシャク走行は治りません。
なので再度分解し、終電シューのピボット軸受けと車軸のピボット先端を清掃しました。

IMG_7729s.jpg
快調な走りが復活しました。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

ブルートレイン牽引機
まずは昨日手を付けた分。
IMG_7623s_20200312232824f0b.jpg
「さよなら出雲」セットのEF65PFとDD51とオハネフ25のカプラーをTNに交換しました。
オハネフはボディマウント非対応の床板なので台車マウントのTNを使用しています。

IMG_7624s.jpg
Before

IMG_7625s.jpg
After
TOMIXのPF単品(東京機関区、品番2111)を付属のTNカプラーに交換、さらに「さよなら出雲」セットに付属されているヘッドマークを両面テープで貼り付け、出雲牽引仕様にしてしまいました。
「さくら」を牽かせたいときはヘッドマークを再び引っぺがします。

IMG_7626s.jpg
平成の出雲牽引機で集合写真です。
Hゴムやデッキの色が違うので重連用にDD51単品の再生産が待たれます。


そして今日のお買い物。
IMG_7627s_20200312233955d64.jpg
KATOのヘッドマークセットです。クイックヘッドマーク対応です。

IMG_7628s.jpg
Before

IMG_7630s_202003122339589b7.jpg
KATO旧製品のP型(多分品番3017-1)には今までTOMIXのPF旧製品に入っていたヘッドマークシールを貼っていましたが、ご覧の通り印刷がずれてまして、それを改善しました。
ちなみにこの機関車はクイックヘッドマーク非対応なので両面テープで張り付けてます。
先頭に出るカプラーはKATOの最新ロットのP型(品番3060-1)に付属されているナックルカプラーにしました。
ただ、スカートの切り欠きが小さいので首振り角度があまり取れず、連結には不向きだと思います。見た目重視です。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用