のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

夜空に描け 勝利のアーチ
今日は会社を速攻で上がって神宮球場へ。
IMG_5678s.jpg IMG_5679s.jpg
若干雲行きが怪しいですが、やはり空の下で見る野球は最高ですね。

IMG_5682s.jpg
神宮名物、ウインナーメガ盛り。
見てください、この皿から零れ落ちそうなボリュームを。
ビールとの相性も抜群です。

試合は中盤にバルディリス、イデホの連続ホームランで突き放し、そして9回裏、バファローズの絶対的守護神、平野の出番だ!
IMG_5683s.jpg
この勝負もらった!

















キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!
IMG_5693s_20130528231130.jpg
投打がかみ合いバファローズ勝利!!

今季の観戦成績 2勝3敗
スポンサーサイト

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

簡易複々線モジュールの製作 その7
遅々として進まなかったモジュールレイアウトですが、今日は出かける用事が無かったので残りの作業を行いました。
IMG_5672s_20130526234113.jpg
レンガ模様を印刷したラベルシールを側面に貼り付けてモジュールオフに持っていける状態になりました。
線路周りの塗装は無期限の宿題と言うことで…。
(実は羅漢踏切のコーナーモジュールも同工程をオミットした仮完成状態)

と言う訳で、今回作った長さ1800mm分を全て繋げてみました。
IMG_5674s.jpg
手すりパーツも追加購入して全長分カバーできるようになりました。
部屋で広げると長いですね。

こうなると車両を乗っけたくなるのが人情と言うもの。
IMG_5676s.jpg
嗚呼、いい感じじゃないですか。
東京都心の通勤列車が似合うモジュールにしたかったのでほぼ思惑通りです。
背景が寂しいので、いずれビル街の背景用モジュールを用意したいと思います。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

大きな玉子の下で
今日は東京ドームでバファローズVSジャイアンツの交流戦。
IMG_5663s_20130525222018.jpg

今日は久しぶりに息子と2人でやってきました。
IMG_5664s_20130525222020.jpg
レフトスタンド最前列、いつボールが飛んできてもおかしくない、そんな緊張感(ry

試合は白熱の投手戦、2-1でリードした最終回、バファローズの絶対的守護神平野佳寿が登場!
この勝負、もらった!



























IMG_5671s_20130525222022.jpg
あ、あれ・・・?

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

白球追いし初夏のグラウンド
最近の休日の最優先事項は息子の野球の試合を見に行くこと。
IMG_5661s.jpg
試合が無くても一緒にキャッチボールしたりバッティングセンター行ったりプロの試合見たり。
野球めっちゃ楽しいです(笑)
そんなわけでモジュールも仮完成目前で作業が滞っております。

そんな我が息子、土曜日の練習試合ではフォアボールを選びその後盗塁、パスボールで進塁、パスボールでホームインと一人で1点獲得してくれました。(出番は1打席だけ)
今日の試合では代打でネクストバッターズサークルで出待ち中に試合終了を迎えました。残念。

日差しを遮る物のない炎天下での観戦ですので腕が日焼けで真っ赤です。

テーマ:少年野球 - ジャンル:スポーツ

簡易複々線モジュールの製作 その6
先日バラストを固着したL900のモジュールですがちょっとミスが…。
IMG_5643s.jpg
レールが若干内側に沿っています。
バラストパーツとの間に隙間が出来てしまいました。
また、大枠自体にも若干天地方向でも反りが見られますが、誤差の範囲で何とかなると思います。
ただし、反り具合を確かめているときに逆方向に力を加えたため、バラストが数箇所ひび割れしてしまいました。

IMG_5646s.jpg
隙間とひび割れ部にバラストを撒きまして

IMG_5647s_20130512203416.jpg
ボンド水溶液をたらしました。
乾燥を待ちます。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

文庫
書店って基本的に出版社別に陳列してあるじゃないですか。
そうするといろんな出版社から書籍を出していて、しかも作品数の少ない作者の場合、探すのが大変なんですよね。
本のタイトルも著者名もわかっているのに出版社がわからないと書店で右往左往してしまうのがどうにかならないんでしょうかね。
いまはネットで調べられるので以前よりかは大分マシになりましたけど。

と言う訳で、久しぶりのタイトル「文庫」です。

IMG_5638s_20130511223727.jpg
「ボーナス・トラック」 越谷オサム著 創元推理文庫
越谷オサムのデビュー作にして第16回日本ファンタジーノベル大賞優秀賞受賞の当作品、読んだのは1年位前ですが記事にしていませんでした。
主人公2人の軽妙なやり取りは著者の面目躍如と言ったところでしょうか。
ファンタジーでありミステリーであり(でも特に謎解きとかそういった要素はないんですが)最後にちょっとだけ主人公が成長するという読後感の良い作品でした。
あとさりげなく「岩槻」とか「野田線」とか記述されているのがツボ。

IMG_5639s.jpg
「金曜のバカ」 越谷オサム著 角川文庫
著者初の短編集。基本的に全て高校生が主役となっている青春小説。
なんだろう、この作者と私の守備範囲の近さは…。
強烈にそれを感じるのは4作目「僕の愉しみ 彼女のたしなみ」。
最後のどんでん返し(?)に普通は泣かない場面なんですが私は目頭が熱くなりかけました。
5編の短編中、唯一実在の地名が登場する作品でもあるのですがそれもまた伏線で…。

IMG_5640s_20130511223731.jpg
「空色メモリ」 越谷オサム著 創元推理文庫
これも高校生を主人公とした青春小説。「階段途中のビッグノイズ」に近い傾向でしょうか?
ただ、「事件」が起こってそれを解決するというミステリー要素もあるという。
主役格の2人、陸とハカセのイメージが始めっから「げんしけん」の久我山と斑目のビジュアルで固定されてしまい、ハカセがその知識量を無駄に発揮する場面では斑目のドヤ顔が目に浮かび、それに切り返す野村さんは中身が笹原の外見荻上…って、「げんしけん」読んだことある人ならきっと分かり合えるんですが…。
で、この作品の舞台が「城東鉄道」沿線の「坂越」「鳩ヶ島」「ふじみ台」「朝霧」「志水」ってまた私の生活圏に食い込むような地名が(笑)
やっぱり「事件」が起きるから実在の地名は避けたんでしょうか?
そしたら「マーガリン事件」が起きた鎌ヶ谷の立場は…?(笑)
最後には陸もハカセも多分ちょっとだけ成長して、〆を含めて読後感の良さは著者の作品中でも随一かと。


それにしたって見ました?それぞれの本の画像。
どれもこれもオビに「『陽だまりの彼女』の越谷オサム」って。違う出版社なのに(苦笑)
まあ私もきっかけはそのタイトルだったのでどうこう言える筋合いじゃないのですが。
でも、書棚に収まってるので手に取らないとそのオビのアオリも見られないんですよね。
出版社が違うので個別のスペースを作る必要がありますが、「陽だまり~」を平積みした両サイドに著者の作品を並べれば、それぞれがもっと売れそうだと思うんですけど、いかがですかね書店員さん。

テーマ:最近読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

動かす力
鉄コレ動力を買ってきました。
IMG_5637s_20130510222557.jpg
箱根登山の動力化用です。

京阪の動力化はどうなったかって?

…まだです。

それどころか東急6000や東武2000も動力ユニットだけ買って手付かずの状態が続いており……。
鉄コレって本当に恐ろしいですね。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

家族で箱根 1泊2日の旅 2日目
1日目の記事はこちら

箱根で迎える2日目の朝。
IMG_5562s.jpg
宿泊したのは宮ノ下温泉、晴山荘。
決め手は比較的リーズナブルな価格だったことですが、食事も美味しく(しかも食べきれないほどの量)、清掃も行き届いていて宿の方も非常に気を使っていただき非常にいい宿でした(ステマ)
惜しむらくはお風呂がちょいと小さいことですかね。

私としてはチェックアウト時刻までダラダラ過ごしたいと思っていたのですが、何故か嫁が敢行する気満々だったので9時ごろチェックアウト。
(おそらく、朝食中に布団が片付けられてしまったことが原因と思われる…)
IMG_5563s.jpg
宮ノ下駅までは10分ほどの道のり。
国道から折れて駅までの最後の坂道が異常にキツかった。

IMG_5566s.jpg
改めまして登山電車。昨日はグダグダな流れの中で乗ったのであまり乗った気はしなかったのですが初めての乗車です。
強羅行きは当然のごとく通勤ラッシュ並みの混雑でしたが乗車。
強羅まで出て、ケーブルカー乗り場の混み具合を見て今後の予定を決めようという魂胆です。

IMG_5571s.jpg
かくして強羅駅、予想より若干下回る25分待ちと言うアナウンスで大涌谷リベンジを決行。

IMG_5577s.jpg
定員の関係で私たちの前で列を区切られたので最前列に乗車出来ました。
まあ、最前列で喜んでいるのは家族の中では私だけなんですが。

IMG_5581s.jpg
ロープウェイへの乗り継ぎもスムーズに行き、再び大涌谷へと降り立ちました。

IMG_5582s_20130505233400.jpg
念願の黒たまご、1個食べると寿命が7年延びます。
2個食べた私と嫁と息子は14年、4個食べた娘は28年寿命が延びました!

さらに
IMG_5587s.jpg
黒ソフトクリームいちご味なるアヤシイ物も…味は普通にいちご味でした。しかもウマイ。

大涌谷からの復路も順調に行きまして、登山電車は座って帰るために1本遅らせる余裕まで。
IMG_5591s_20130505233403.jpg
と言う訳でロングシートの2000形でしたが最後尾(途中から最前列)を確保。

IMG_5603s.jpg
スイッチバックの出山信号場、普通鉄道とは思えないレベルの高低差。

混雑により若干遅れての運転だったようですが、無事箱根湯本まで戻ってきました。
IMG_5611s_20130505234935.jpg
並ぶ1000形と2000形、こうして見ると精悍な顔つきをしていますね。

その後、湯本の駅前でお土産屋を散策し、余った時間で電車なんかを撮影したり
IMG_5621s_20130505234937.jpg
今回は乗車チャンスが無かったですが、次回は旧型車も乗りたいですね。

IMG_5629s.jpg
帰りはスーパーはこね30号、使用列車は50000系VSE。
現役最古のロマンスカーLSEと最新ではなくなったもののフラッグシップVSE、往復を新旧両エースで乗り分けるのもまた鉄道旅行の楽しみといえましょう。
ちょっと早い帰路となったのはモカの引取りがあったため。

と言う訳でバタバタしながらも無事に帰ってまいりました。
初めて乗った箱根登山鉄道ですが、色々あって山を下りてばっかりで箱根下山鉄道状態だったのが残念です。
今度はちゃんと登りたいです。



おまけ
[READ MORE...]

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

家族で箱根 1泊2日の旅 1日目
世はゴールデンウィーク!
有名観光地には人が溢れ、わざわざそんな日に出かけなくても思うのが世の常ですが、家族揃って休みが取れるのも本当にここしかないんです。
特に息子が野球を始めてからは土日も練習or試合で、ピンポイントで取ったこの2日だけは家族全員が揃って休みと言うXデーだったのです。

と言う訳で、我が家のアイドル、モカを朝一で預けに行って出発です。

行先は表題の通り箱根、実は鉄道で箱根へ行くのは生まれて初めてです。
IMG_5529s.jpg
新宿からもちろんロマンスカー。
はこね17号は古豪7000形LSE。
7000形に古豪と言う単語はピント来ないような気もしますが既に30年選手、大ベテランなのです。

IMG_5538s.jpg
列車は順調に箱根湯本到着。
ホームに横たわるLSE、絵になります。

この後、箱根登山鉄道が乗車までに1時間を要するというアナウンスに恐れをなし、バスでの移動にシフトチェンジ。
駅前のコインロッカーに荷物を預け、桃源台へダイレクトアクセス。
IMG_5539s.jpg
海賊船で箱根町まで行って、出店の焼もろこしやら焼きイカやらを買い食いして取って返して桃源台。
あ、勿論箱根フリーパス使用です(ステマ)

で、宿への道なのですが、ロープウェイで大涌谷~早雲山、ケーブルカーで強羅そして登山電車で宿の最寄り駅宮ノ下というルートが普通に考えれば最短なのですが、ロープウェイ乗り場には長蛇の列。
バスで戻ることも考えたのですが、往路のバスで息子が乗り物酔いしてしまいちょっと躊躇われたのですね。
で大涌谷経由ルートを決断したのですが…。
IMG_5555s_20130505222820.jpg
とにかく各乗り場並ぶこと並ぶこと。
流石メジャークラスの観光地HAKONEですわ。
桃源台に寄り道して黒たまごを食べる予定も全てすっ飛ばして下山。

ほうほうの体で登山電車に乗り込み、嫁と子供を宮ノ下で降ろして先に宿に向かわせ、私は湯本まで戻ってコインロッカーに預けた荷物(2人分!)を回収するという流れに。
湯本から宮ノ下への戻りは発車タイミング的にも所要時間的にもバスのほうが圧倒的だったのでバスで。
IMG_5561s.jpg
19時ちょっと過ぎ…チェックイン時刻を大幅に遅れての宿到着となりました。
早めに宿に着いてダラダラ過ごす計画が無残に砕け散った1日でした。箱根恐るべし。

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

簡易複々線モジュールの製作 その5
L900のモジュールに線路を接着しました。
ここにバラストを撒いていきます。
他サイトの受け売りですが、ヤマト糊を使ったバラスト接着方法を掲載してみたいと思います。

IMG_5517s.jpg
使用するのはウッドランドシーニクス社のミディアムグレー。
容量に対して価格が安めなのと色合いが気に入ってます。

IMG_5515s.jpg
紙コップにバラストとヤマト糊をほぼ1:1で混ぜます。経験則で糊の割合を多めにしたほうが良さそうです。

IMG_5516s.jpg
ペースト状にします。セメントのような感じです。

IMG_5511s.jpg
ヘラで押し付けるようにしながら伸ばしていきます。

IMG_5514s.jpg
形を整えたら上からプレーンなバラストを散布し、指で最後の調整をします。

IMG_5518s.jpg
後は乾燥待ちです。6時間くらいで程よく固まりますが万全を期して一晩置いておくくらいで良いと思います。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用