のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近の予定品から
このところ、各鉄道模型メーカーから購買意欲をそそる新製品予告が立て続けに発表され喜んでいいのか悪いのか…。
そんな中でも私のストライクゾーンど真ん中に投げ込んでくるアイテムがイカの3つ。
アルバムや古い画像データを探って、模型化の当該ナンバーの写真を見つけてまいりました。

東武9000型 量産車(未修繕車)
SCN_0021s.jpg
2005年6月5日 和光市~朝霞
私にとって待望の未修繕車、やはり9000型は黄色い方向幕の「新木場」行きですよね。
模型化されるのは銀色ワイパー、弱冷房車設定前ということで90年代前半の時代設定ですね。
相方の営団7000系は非冷房のほうが似合いそうです。持ってないけど。
ちなみに発売済みのリニューアル車の出来はいまいちなので今回の出来もあまり期待しておりませぬ。

京成3600形 新塗装
IMG_0193s.jpg
2007年2月24日 船橋競馬場
東武9000型の1年後輩、オールステンレス・界磁チョッパ制御と何かと共通点の多い形式です。
先頭Tc故に京急線への乗り入れが出来ないので比較的地味な存在に見られがちな車両ですが、生粋の京成っ子の私としてはやはり「待ってた」形式なわけです。
種別幕は現行の赤、ピンク、黒の地色に白文字のバージョンでしょうねえ。
私は白地に各種別の色文字時代、さらに言うならローマ字表記が無い時代が好きです。
いずれバリ展で登場時のオレンジ帯が出てくれたらいいな、などと思っております。
しかし、今度出る都営10-000型の出来を見ると予約しようかどうか迷ってしまいます。

福井鉄道200形
IMG_1846s.jpg
2010年2月26日 市役所前~福井駅前
こんなカッコイイ路面電車が他にあるか?いや無い。
それ位好き。
新塗装の202と、非冷房時代の201ということですが、両者ニコイチにして冷房201を仕立てたくなってしまいますね。
余った車体は急行塗装に塗り替えるなど妄想は膨らみますがそこまでやるかは未定です。


このほかにも20系殿様あさかぜや24系さよなら北斗星などなど、年末年始にかけて魅惑のアイテムが次から次へと…。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

食堂車の記憶
突然ですが、私は営業している食堂車を5列車延べ7回利用したことがあります。

新しい順に申しますと
2015年8月上りカシオペア(夕) ※参照記事
2012年8月上り北斗星(夕、朝) ※参照記事
2000年9月北斗星1号(夕、朝) ※新婚旅行
1999年8月上りひかり(グランドひかり)(夕) ※斜め向かいの席でラモス瑠偉がカレーを食べていたというネタにしか聞こえないサプライズ有り
そして
1979年下りいなほ(昼)
SCN_0020s.jpg
まだピカピカの485系の車体もまぶしい上野駅でのスナップ。
しかし私が乗車した証拠写真としてはあまりにも根拠が薄く、写っている人物は従兄弟、叔母、叔母の義母という3ショット。
茶色い半ズボンを履いていた記憶のある私は、手前の少年がずっと自分だと思っていたのですが、よく見ると自分の顔ではないというオチ。
半ズボンはお下がりでもらったものという記憶もおぼろげながらあります。
しかしながら、「いなほ」で下って新発田のお墓をお参りして、泊まったかどうかの記憶は無いのですが復路は「とき」に乗ったという記憶はしっかり残っているのです。
無論食堂車の記憶も。
グランドひかりにしても、ラモスの件は置いておいても車内の写真くらいは記録しておくべきだったと今更ながらに思います。
当時はフィルムのコマ数を気にしながらだったので無理だったかとは思いますが…。