のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

千葉ニュータウン鉄道9000形が遂に
鉄コレでまさかの製品化です!

いつかどこかが出すだろうとは思っていましたが、鉄コレは予想外ですね。
それにしても北総9000形って…。北総鉄道はそんな形式の車両は保有していないはずですが…。

北総・公団線という路線名ももう過去のものなのですね~。

しかしですね、ワタクシ、もう既に9000形のNゲージを所有しているのです。
今まさに、そのパンドラの箱を開く時…

IMG_9278s.jpg
じゃん!

IMG_9279s_20170321224453b76.jpg
じゃじゃん!

我が家の呪いの装備家宝である北総自社発注シリーズ最新作。
製造元イエロートレイン、販売元北総開発鉄道の金属製キットです。
価格は…調べたら¥24000みたいでした。意外と良心的。

かつて北総開発鉄道は、自社オリジナルの鉄道車両のNゲージを、ガレージキットメーカーに発注して完全受注方式で販売すると言うことを行っていて、

第一弾の7000形
IMG_9281s.jpg

第二弾の9100形
IMG_9282s.jpg

そして第三弾の9000形と続いてまいりました。
以降の形式は京成と共通化されてしまったため、今後この形態での模型販売はないかと思われます。

しかし、これら3形式が遂に全てプラ量産品で製品化と相成るわけですね。
感慨深いものがあります。

これらキットは北総ファンのコレクターズアイテムとして価値が落ちぬよう一切手をつけず厳重に保管されております。
決して組み立てられず手が出せないのではありません。
スポンサーサイト
Power of Dreams
予告の頃から気になっていたので
IMG_9277s_20170320225222b73.jpg
ひるね姫、一家総出で見てきました。
嫁と娘はなんかイマイチみたいな反応だったのですが、私は非常に良かったと思います。
まあ、監督の神山健治と言う人の過去作品を見れば、多分に男子向けに作られているのでそれもしょうがないかなと。
作中のメインキャストの誰に自己を投影するかでも評価が変わってきそうです。
膨らむ希望
今日はいつもの通勤経路から外れてお買い物。
IMG_9264s.jpg
鉄道コレクション福井鉄道F1000形FUKURAMとえちぜん鉄道L形ki-boです。

実車は普通の鉄道にちかい車体幅2650mmということで
IMG_9268s_20170317231436461.jpg
その幅広車体も再現されています。

IMG_9269s.jpg
早速分解・・・

IMG_9270s.jpg
先頭車の屋根に2箇所、アンテナ用の穴を開けます。
下が開口のみ、上がアンテナ取り付け済みです。
L形アンテナが2本ヅノの様になっているのが彼らの特徴。

IMG_9271s.jpg
動力ユニットにはスペーサーを取り付けるようになっています。

IMG_9272s.jpg
というわけで、2本竣工です。

IMG_9273s.jpg
ki-boのこの顔、カワイイなあ。

IMG_9275s.jpg
いやあ、福鉄はいいっすなぁ。
もっと増えろ福鉄モデル!
さよなら6050系快速&100系スペーシア個室体験ツアー(勝手に拝借)に行ってきました
去る3月5日、表題のツアーに行ってきました。

有楽町線、東西線と乗り継いで日本橋で銀座線を待っていたら
IMG_8858s_201703062322210b6.jpg
やって来たのは最後の1編成となった01系01-130Fでした。(撮影は浅草)
私にしては珍しい引きの良さで幸先いいスタートです。

IMG_8859s_20170306232223bde.jpg
浅草駅は2015年12月以来です。

ここで同行のお仲間と(一部は地下鉄構内で)合流。
IMG_8861s_2017030623222442c.jpg
古きよき私鉄ターミナルの雰囲気、大好きです。

IMG_8862s_20170306232225fa4.jpg
5番線、「快速・区間快速のりば」。そして6050系のイラスト。
4月改正以降、これはどうなるのでしょうか。

IMG_8863s.jpg
かつては浅草をほぼ1時間おきに出発していた快速も、現行ダイヤでは朝の2本のみ、その後の区間快速も2時間おきまで減ってしまいました。

やがて時間になり、上りの区間快速が入線してきました。
IMG_8876s.jpg
この折り返し、9:10の快速に乗車します。
乗車位置は前から2両目のモハに満場一致で決まったように記憶しています…。

IMG_8887s_20170306233604e04.jpg
おなじみ渡り板。

IMG_8889s.jpg
折りたたみ式のテーブル。

IMG_8891s_20170306233607ebb.jpg
やがて時刻になり、列車はフランジを軋ませながら出発します。

我々が乗車したのはモハ6169、これは6000系トップナンバーモハ6101の更新車で、足回りは昭和39年製と実に車齢53年を数えます。

私自身はもう何度も6050系には乗車していますが、今回改めてその印象を列記しますと
・シートは座り心地もよく幅もシートピッチも十分すぎるほどであり快適である。
・快速は停車駅も少なく、特急と遜色ないほどの所要時間である。
・こんな列車に普通乗車券だけで乗れるという幸せ。

その後順調に飛ばして下今市に到着。
IMG_8897s.jpg
この精悍な顔つきがいいんです。
そしてこの顔がベースになって30000系までの顔にアレンジされていく、まさに第2東武顔の原点でもあります。

そしてここから、めくるめく6050系パラダイスの開幕です。
IMG_8902s.jpg
我々の乗ってきた快速は、ここ下今市で鬼怒川方面と日光方面へと分割。
単線の鬼怒川線の行き違いで10分ほど停車時間がありますが、じつはオンシーズンのみ運転のけごん7号の接続待ちも兼ねています。

IMG_8903s_20170306235802b66.jpg
切り離されて身軽になった東武日光行の2連。
幌付きのクハの表情もいいですね~。

IMG_8904s.jpg
向かいの3番線には下今市~東武日光の区間便に従事する6173Fの姿が。
新製車トップナンバーかつ霜取りパンタ付き。

IMG_8906s_20170306235802cef.jpg
駅下り方の配線。
複線の日光線は構内を出るとすぐに上り勾配。単線の鬼怒川線へは2番線及び4番線からのみアプローチ可能です。

IMG_8913s.jpg
やがて鬼怒川方面から634型スカイツリートレインが入線。
これを見るのは昨年12月以来2度目です。

IMG_8924s_201703070015547b0.jpg
3番線に日光からのシャトル便が到着、1番線には当駅始発の日光行が停車中。
いずれも鬼怒川方面の特急に接続するようにダイヤが組まれています。

そして、日光から我々が次に乗る列車が下りて来ました。
IMG_8931s_201703070015569ff.jpg

IMG_8938s_2017030700155782a.jpg IMG_8939s.jpg
AIZUマウントエクスプレス3号会津若松行きです。
日光/若松寄りが赤い気動車AT700型、下今市寄りが白い気動車AT650型です。
外から見て一目でアコモデーションの違いに気がついたので、既に白い車両に腰を下ろしていた仲間を無理矢理赤いほうに呼び寄せて乗車。
赤いほうは特急並みのリクライニングシートを備え、内装も木目調のシックな色合い。
シートの背面にテーブルを備え、さらに壁際に折りたたみテーブルまでも備え付けてあります。
そして、車内販売までもがやってくると言う…。
これで料金不要の快速列車ってんだから驚きです。
いずれ、この列車に乗って会津若松まで行って見たいものです。

下今市から鬼怒川温泉まで約20分のショートトリップ。
IMG_8947s.jpg
駅舎は観光地の玄関口とは思えないほどシンプル。
東武日光とは対照的です…。
待合室や売店周りなど若干手狭な印象を受けました。

鬼怒川温泉の駅前で昼食をとったり、足湯に使ったりで時間を潰し帰りの電車の時間です。
IMG_8950s.jpg
きぬ128号浅草行、車両はJR乗り入れ対応の108Fです。

6号車に乗り込みます。
IMG_8959s_20170307193407632.jpg
デッキの壁にはブルーリボン賞の受賞プレートを中心に各種プレートが賑やか。

IMG_8960s_20170307193407484.jpg
デッキと通路の仕切り扉にはグリーン車マーク。

そして今回我々が乗車するのは
IMG_8963s.jpg
昼行列車としては破格の設備、4人用個室です。
4人用と謳われていますが、ソファ中央の肘掛を上げれば大人一人が十分に座れるスペースを確保でき、1室6名でも余裕で対応できます。
今回は5人での乗車でしたが、まったく狭いとは感じませんでした。

おっさん5人で宴会モードでの道中はあっという間でした。
浅草到着後は反省会(?)も行われましたが、朝も早かったこともあり早めの解散となりました。
参加された諸氏、お疲れ様でした。
今度は是非、会津まで行ってみたいものです。
Yesterday once more
先日アップした1997年7月の京津線の写真の続きです。

東山三条付近。
IMG_0001s_201703042146295d1.jpg
前回の4枚目の写真の位置で浜大津側を向いた写真です。
(時系列的には4枚目の直前)
背景の町家が味わい深いです。

IMG_0002s_20170304214631928.jpg
白川橋を渡る80型。

IMG_0003s_20170304214633da3.jpg IMG_0004s_20170304214634e44.jpg
平安神宮の大鳥居をバックに600形と80型。
行き交う車も90年代を感じさせます。

九条山付近。
IMG_0005s_20170304214636c92.jpg
駅近くの高台の上から。

九条山~日ノ岡。
IMG_0006s_20170304215354442.jpg IMG_0007s_20170304215355340.jpg
IMG_0008s_201703042153578f1.jpg IMG_0009s_20170304215358b1b.jpg
峠道を行く列車たち。
616がアップで写っている場所は前回の10枚目の同位置の三条向きです。

日ノ岡~御陵。
IMG_0010s_20170304215400577.jpg
80型の後ろに建築現場の囲いが見えますが、これがどうやら現在の地下鉄御陵駅の入り口のようです。

とりあえず駆け足気味に紹介いたしました。
このような魅力的な路線の現役時代に接することができたのは、この上ない幸運だったと言えるでしょう。