FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Magical Mystery Tour
18きっぷで巡る駅舎探訪の旅。

第2弾は名駅舎の宝庫、両毛線です。


まずは高崎線で高崎まで。車両はいつものE231系なので画像は無しです。

高崎からは両毛線ですが、これは3+3の6両で高崎に到着後、切り離しを行って前3両が吾妻線、後ろ3両が両毛線になる列車でした。

445M 高崎→新前橋
IMG_0618s.jpg
新前橋は橋上駅舎ですが、階段部の上半分にガラスを使った美しいデザインで、榛名山か赤城山のどちらかをモチーフにしているらしいです。
(どっちだったかは失念しました・・・資料も見当たらず)


続いて前橋止まりの列車で前橋市の中心駅、前橋へ。
633M 新前橋→前橋

県庁などがある中心市街地への玄関口、前橋駅北口
IMG_0625s.jpg
駅ビルが建つ予定だったらしいですが・・・。
駅名がマツキヨの裏に隠れてしまっています。

こちらは南口。
IMG_0627s.jpg
外壁に旧駅舎のデザインを継承しています。
高架駅になってもこういうアクセントがあると印象が違います。


前橋からは107系がエスコート。
IMG_0632s.jpg
635M 前橋→伊勢崎
IMG_0635s.jpg
印象的なファサードと左側に片寄った2階建ての事務所棟が特徴の駅舎。
事務所棟については旧前橋駅舎や後述する足利駅舎などに見られる両毛線独特の形状ですが、他の駅に比べると飾りっ気が少なく質実剛健な感じです。
この重厚な駅舎も伊勢崎駅付近の高架工事で取り壊しの憂き目に会う事は確実です。既に橋脚の一部が駅西側に建ち並び始めています。


447M 伊勢崎→岩宿
IMG_0649s.jpg
岩宿遺跡で有名な岩宿駅です。
シンプルですが端正な造形。私、基本的にこの手の三角屋根が大好きであります。
IMG_0658s.jpg
駅全体を跨線橋の上から俯瞰。
ホームに屋根は無く小さな待合室だけですが、それがいいんです。


今度は少し戻ります。
444M 岩宿→駒方
IMG_0667s.jpg
緑の三角屋根と向かって左側の大きな付け庇が特徴の小駅舎。
見づらいですが駅名票が見えている正面と、大きな庇の左側の両方に入口があります。こんな小さな駅舎で2つも出入口があるのはちょっと珍しい気がします。


次は桐生へ。やってきたのは211系、しかもセミクロスシートの少数派1000番台。
449M 駒方→桐生
IMG_0672s.jpg

桐生駅のホームではわたらせ渓谷鉄道の気動車が接続待ちをしていました。
IMG_0673s.jpg


桐生駅は何の変哲も無い高架駅。
南口
IMG_0675s.jpg
ここも駅名が隠れてしまっています・・・。

北口
IMG_0678s.jpg
ロータリーはやたらと広いです。

桐生で降りたのはJRの駅が目的ではなく、上毛電鉄の歴史を語るこの名駅舎に会うためです。
IMG_0682s.jpg
JR桐生駅から歩いて3分ほどの場所にある西桐生駅。
起点の中央前橋を含め、国鉄とは独立したターミナルにわざわざ立派な駅舎を建設するあたり、当時の私鉄の気概の様なものを感じずにはいられません。

ホームでは元京王井の頭線の車両が発車を待っていました。
IMG_0687s.jpg



再び桐生駅に戻り、また少し逆戻り。
3448M 桐生→国定
IMG_0700s.jpg

IMG_0704s.jpg
これまた渋い駅舎です。当初、こんなに降りて回る予定ではなかったんですが、駅を通る時にどの駅もいい感じなので車内で時刻表とにらめっこして効率よく回れる方法を考えまくっていました。

しかし、ここで次に乗る列車まで1時間待ちなので、食料調達を兼ねて駅の周りを散歩してきました。
運良く駅の近くにコンビニもあり、おにぎりとお茶を買って駅舎内でいただきました。
古き良き駅舎の中での食事も中々良いものです。

IMG_0716s.jpg
再び駅舎や駅構内などを撮影していると、駅長さんが声をかけて下さり、こんなものを頂きました。
IMG_0810s.jpg
東村観光ガイドと国定忠治探訪ノート。
東村は合併で現在は伊勢崎市になっています。
国定忠治については恥ずかしながら名前だけは聞いたことがあると言う程度でした。


再び小山方面の列車に乗り込みいい感じの駅を見つけて途中下車。
453M 国定→山前
IMG_0724s.jpg
ホーム側からの造りは岩宿や国定に共通する雰囲気です。
IMG_0726s.jpg
外観は何故か右側の一部だけ外壁がリフォームされています。
どうせなら全部やればいいのに・・・微妙にバランス悪いです。


そして足利へ。
455M 山前→足利
IMG_0749s.jpg
私は両毛線現役駅舎ではやはり足利がNo,1だと思います。
左に寄った事務所棟は伊勢崎と共通のデザインですが、ファサードの造形や飾りでこちらの方が上回っていますね。

駅前にはEF60が保存、展示されています。
IMG_0754s.jpg
塗装がだいぶ剥げてきています・・・。

列車待ちの間、市内を散歩。
IMG_0756s.jpg
渡良瀬川に架かる美しい3連アーチは中橋。
歌で有名な渡良瀬橋はもう一本向こう側。時間が無くて撮りに行けませんでした。

渡良瀬川の対岸に東武伊勢崎線の足利市駅が見えます。
IMG_0761s.jpg

ぐるっとまわって南口に到着。
IMG_0762s.jpg
立派な北口に比べてこちら側はあまりにも・・・。


457M 足利→岩舟
IMG_0772s.jpg
岩船はこの旅唯一の無人駅。
ちなみに去年の3月に改修工事が行われたようで、その時に無人化で不要になった事務所部分がなくなって以前より横方向が短くなっています。
一見、新築かと思うくらい綺麗に改修されていました。


最近高架になったばかりの栃木はスルーしようかと思いましたが結局降りました。
3459M 岩舟→栃木
IMG_0792s.jpg
高架駅に大きな三角屋根を張り出させています。
これだけでも味気無くなりがちな高架駅が一味も違ってきます。
画像は西口ですが、東口もほとんど同様の造りです。
高架化によってかつての名駅舎は無くなりましたが、栃木市内の「魔方陣スーパーカーミュージアム」に移築されました。
本当はそこも行きたかったけれど、駅から遠いので次の機会にします。

駅コンコース内に開業当初の駅の様子が模型で再現されていました。
IMG_0798s.jpg


そして終点小山へ。
461M 栃木→小山
IMG_0802s.jpg
小山駅は東北新幹線の駅に多く見られる2階コンコース、3階新幹線ホームの典型例です。
なぜか両毛線ホームは新幹線高架下のやや離れた場所にあります。


小山からは上り快速ラビットで大宮まで。
大宮では30分くらいの接続で快速むさしの号が出るので、ちょっと駅を出て買い物。
IMG_0811s.jpg
「鉄子の旅」については多くは語るまい。
もう一冊「駅旅のススメ」の著者、杉崎行恭氏こそ私が駅舎趣味界の師匠と崇める人である。
現在JTB時刻表で駅旅本線という連載をもっている。これも単行本化されたら買ってしまうだろうなぁ。

快速むさしの号は大宮を出ると次は北朝霞。
IMG_0809s.jpg
楽だ・・・けど本数が少ないので初めから狙って乗るか今日みたいに偶然良い時間に大宮に着くとかじゃないと乗れないのが難点。


両毛線の駅舎旅、今日降りなかった駅でも良さそうなところがあったのでいつか再訪したいです。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。
両毛線完乗お疲れ様でした。
おいらは乗りとおしした事はありますが、下車した事はないです。
結構駅舎巡りも面白そうですね~。

最近気づいたのですが、タイトルが曲名なんですね。。。
【2007/03/26 22:22】 URL | 酉弐マニア #- [ 編集]


酉弐マニアさん、こんばんは。
駅舎もいいものですよ。
ただ、今回欲張って多くの駅舎を見ようとしたために、スケジュールがタイトになってのんびり駅舎見物ができなかったのが反省点です。
(滞在時間5分とかありましたから・・・)

タイトル・・・気付きましたか( ̄ー ̄)ニヤリ
【2007/03/26 23:27】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/110-ea8d0707
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

北朝霞 観光

北朝霞&観光で泊まった、お勧めホテル! !いよいよ、この観光旅行の最大の楽しみにしていたホテルです。直前予約だったけど、ちゃんと取れたんですよ。北朝霞(武蔵野線)徒歩1分もうそろそろです。あ、見えてきた。あれだよね。そうです。見えました。(↑クリックすると詳 埼玉千葉観光お勧めホテル【2007/08/11 02:59】