FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

新潟・新発田へ
我が家の本家のお墓は新潟県新発田市にあり、二十数年前、私が小学校の頃に一度行ったきりでしたので、かねてより訪れてみたいと思っていました。

そこで、このお盆休みを利用して、父及び弟と妹に連絡を取って皆で行くことにしました。


東京駅に集合し、まずはとき361号新潟行きへ乗り込みます。
IMG_3805s.jpg
車内では昔話に花が咲き、お酒も進みます。

2時間ほどの行程で新潟へ到着。
新潟駅の主役は未だ国鉄型。
IMG_3811s.jpg IMG_3815s.jpg
新潟駅舎は新幹線が開業した駅には珍しく、昔ながらの無骨な駅ビル。
しかし高架化の計画があるようで老朽化したこの建物の運命もそこまででしょうか・・・。

IMG_3813s.jpg
万代口バスターミナルはスイッチバック式。
このタイプのターミナルは他には東横線・綱島と常磐線・日立でしか見たことがないのですが、全国的に見て珍しいものなのでしょうか?
バスには詳しくないのでどなたかご教示いただけると幸いです。

新潟駅前で昼食を済ませ、白新線へと乗り込みます。
IMG_3819s.jpg IMG_3820s.jpg
車両はE127系、立ち客が数人いる程度の混雑率で発車。
沿線風景は見渡す限りの田園風景、流石は米どころ新潟です。

約30分強の乗車で新発田へと到着。
IMG_3826s.jpg
新発田駅舎はコンビニを併設した平屋建ての建物と、乗務員詰所と思われる建物とで成り立っています。
小規模ではありますが、羽越線と白新線の分岐駅と言う運行の要所らしい造りです。

新発田駅前はアーケードが繋がる商店街・・・とは言えシャッターが下りているところも多く、ちょっと寂しい。
IMG_3846s.jpg IMG_3845s.jpg
駅から徒歩10分弱のところにある寺町通り、ここに目指すお寺があります。
板塀や堀が城下町らしい雰囲気を醸し出してしますが、20年前に来た時はこんなものはありませんでした。
きっと、この数年の間に整備されたのでしょう。

我が本家の菩提寺、福勝寺。
IMG_3844s.jpg
お墓の周りを掃除して線香をあげ、帰り際、子供たちが堀の中の鯉に夢中になっているとき、来たときには全く気にも留めていなかった銅像の下を見ると
IMG_3843s.jpg
「新発田重家公」
なんと戦国武将新発田氏の菩提寺でも会ったとは・・・。
奥には重家の弔われている祠もありました。

その後、駅まで戻り、ホテルの送迎車に揺られて本日の宿を目指します。
しばらく田んぼの中を走っていると、巨大なホテル群が目に飛び込んできます。
IMG_3853s.jpg IMG_3866s.jpg
この月岡温泉は、農村地帯の真ん中にある温泉街、不思議な感覚です。

月岡温泉で一泊し、翌日タクシーで再び新発田市街へ。
途中踏切にて「きらきらうえつ」に遭遇。
IMG_3874s.jpg
ああ・・・失敗。

やってきたのは新発田城。
IMG_3907s.jpg IMG_3895s.jpg
江戸期に建設された表門と旧二の丸隅櫓、及び石垣が国の重要指定文化財に指定されています。
隙間無く積まれた石垣は「切込みはぎ」と呼ばれ、美しい外観を見せています。

新発田城のシンボル・三階櫓と辰巳櫓。
IMG_3902s.jpg IMG_3909s.jpg
こちらの2つは平成に入ってから復元されたもの。
三階櫓の屋根は丁字型になっていて、それぞれ3匹の鯱が配されています。
三階櫓以外は内部の見学も可能で城好きなら行っておいて損はないと思います。

かつての城郭の大部分は、現在は陸上自衛隊新発田駐屯地の敷地となっています。
IMG_3884s.jpg
三階櫓に入れないのもそれが自衛隊敷地内にあるからなんですが・・・。
それにしても奥の木造の建物も歴史のありそうな感じですね。

城の見学を終え、徒歩で新発田駅へ向かいます。
新発田の商店街は個性的な建物が多いのですが、
IMG_3924s.jpg IMG_3925s.jpg IMG_3927s.jpg

前述したように大半の店のシャッターは閉じられています。
IMG_3928s.jpg IMG_3929s.jpg
お盆休みのせいもあるのかもしれませんが、近郊にできた大型のショッピングセンターの影響が少なからずあるようです。

新発田駅で電車を待っていると反対側から特急「いなほ」が・・・
IMG_3933s.jpg
苦し紛れの一枚・・・。

そして再び白新線で新潟へ戻ります。
IMG_3936s_20120909190912.jpg
村上発だったこの列車はかなりの混雑でした。
ちなみに中間のモハユニットは窓隅がR型の初期型でした。

新潟の駅ビル内で昼食をとったあと、新幹線の時間まで若干時間があったので、萬代橋を見に行きました。
IMG_3958s.jpg IMG_3967s.jpg
昭和4年に竣工したこの橋は国の重要文化財に指定されています。
当時としては破格の広さを持つこの橋は、建設当初は路面電車を通す計画であったそうですが、それは頓挫したとのこと。
それが叶っていれば新潟交通の運命も変わっていただろうか・・・。

撮影に熱中しすぎて、新幹線の発車時刻ギリギリになってしまいました。
IMG_3977s.jpg
2階建て新幹線が3本並ぶ壮観な風景。
お盆休みとあって指定席は軒並み完売とのこと。
我々も2階席が取れず1階席になってしまいました。
本当に防音壁しか見えない・・・。


実際には住んだことのない新潟ですが、やはりここは自分のルーツなんだなと思わせる何かがありました。
またいずれ再訪したいと思います。そのときは18切符で・・・。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道旅行 - ジャンル:旅行

この記事に対するコメント

うおっ。なんとこんなところで同郷人が居られるとは。
と言っても自分はおまれも育ちも神奈川ですが親父が新発田なのですよ。
さて鉄的なコメントをすると新発田駅はかつて赤谷線と言うローカル線も
分岐しており、前に訪れたときはそこそこ遺構も残っておりましたが今はどうなっておるのやら。
また再訪する機会があったなら新潟弾丸一日廃線ツアー(レンタカー必須)
も面白いかもしれませんね。←実際やった。
【2008/08/18 23:29】 URL | a氏 #2ze7xmEo [ 編集]


こんちは。
うちの爺さんの実家も新潟県です。厳密には北蒲原郡(現胎内市)ですけどね・・・
新発田城、上記のお寺さんに祭られていた新発田重家の乱で新発田家が滅亡したお城なんですね。
いまでは陸自で使われていますが、ここのお城は明治時代から陸軍の拠点として使われていました。廃城令以来、昔からこのように軍隊に囲われてきたお城も珍しいのです。
新発田城は天守がないので、いつ見てもチープに見えてしまうのは自分だけでしょうか?w
【2008/08/22 14:08】 URL | ぬる・・・(ry #GCA3nAmE [ 編集]


CKC新潟支部開設キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━?

a氏、ぬる・・・(ryさん、こんばんは。
うちの場合は、ひいじいさんが新発田の出で、爺さんの代で新潟市内に移り、私の父親が上京して今日に至る・・・というわけです。

廃線跡巡りも楽しそうですが、とりあえず現役路線を制覇しないと・・・。
弥彦とか行ってみたいんですよ。
あと米坂線をダラダラと乗りつぶしたい。

新発田城は確かに天守閣がないのですが、現在日本にある城の殆どが昭和以降に建設された、言わばニセモノであることを考えると、江戸中期から残る旧二の丸櫓と表門、そして石垣の素晴らしさは筆舌に尽くしがたいです。
正直言いますと、あんまり期待しないで行ったら期待以上のものがあってびっくりしましたw
【2008/08/22 23:55】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


こんばんは~。
家は嫁の本家筋が新潟だったと聞いていますが・・・。
【2008/08/24 19:09】 URL | 会長 #- [ 編集]


会長、こんばんは。
では奥さんも新潟支部へ入(ry
【2008/09/06 20:34】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/230-73ee36b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)