FC2ブログ
のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

白鳥のように舞い、カモシカのように駆け抜けろ
いよいよ2009年がスタートいたしました。
IMG_5343s.jpg
画像は北朝霞駅にて、ビルの間より上る初日の出です。

今日はかねてより予告してあった通り、東北一周の乗り鉄旅行に行って参りました。
旅の道連れに息子を連れていざ出発。

武蔵野線、埼京線と乗り継いで大宮を目指します。
IMG_5344s.jpg
武蔵浦和駅では富士山の姿がくっきりと。

大宮より「こまち5号」に乗って、まずは秋田を目指します。
IMG_5350s.jpg

新白河を過ぎた辺り、景色はうっすらと雪化粧。
IMG_5353s.jpg
列車は俊足を飛ばして北へ、北へと向かいます。
雪も段々深くなるようで車窓には一面の銀世界が広がります。

盛岡から田沢湖線に入り、奥羽山脈を越える辺りはまるで吹雪のような天気。
IMG_5360s.jpg
それでも列車は定刻通り、大曲で対向列車の待ち合わせで2分遅れで出発でしたが、秋田着はほぼ定刻通り。
実は、先日の大雪・倒木によるダイヤ乱れがあったのを見て、無事に一周して帰ってこれるか心配だったりしたんですが・・・。

秋田駅ではナマハゲがお出迎え。
IMG_5370s.jpg

そして秋田駅舎。
IMG_5372s.jpg
近代的な橋上駅舎、と言えば聞こえはいいですが、手前の屋根付ペストリアンデッキに隠れて、県庁所在地の駅としてはちょっと自己主張が弱い感じです。

そしていよいよ、本日の主役、「かもしか3号」に乗ります。

まず「かもしか2号」として秋田駅に進入してくるところを捉えます。
IMG_5381s.jpg IMG_5382s.jpg
予想通り、ホームには583系目当ての人がかなりいました。
流石に綺麗に撮るのは諦めました。
というか、綺麗に撮るなら乗らないで沿線の撮影ポイントに出向くべしですね・・・。

そして、乗車ホームである2番線へ。
IMG_5386s.jpg IMG_5388s.jpg IMG_5391s.jpg
やはり583系はカッコイイ・・・。
以前はかなりくたびれた感のあった秋田の583系ですが、今はかなり綺麗に修繕されています。
大柄な車体に伝統の塗装も相まって、長距離特急の風格は今も生きています。

車内は・・・ぶっちゃけ「鉄」っぽい人々で9割以上占められていたでしょうか、自分もその一人だということは十分に自覚していますが(苦笑)

列車は雪の津軽平野を快調に飛ばしていきます。
IMG_5398s.jpg
車内の造りを見ると、実にうまく設計されているな~、というのを感じます。
座席は固定のボックスシートですが、広さは十分にありますし、背もたれの傾きも実に良く体になじむ。
ちょうど自分が座ったところはパンタの真下だったので、独特の高くて開放感のある天井は体験できませんでしたが、MT54モーターの音は十分楽しめました。
息子は窓際が取れなかったのでちょっと不満そうでしたが・・・。

2時間半の乗車時間はあっという間に過ぎ、列車は終点青森へ。
IMG_5403s.jpg
秋田駅周辺は雪は積もっていなかったのだが、こちらはご覧のように雪の中。

青森駅舎は昔ながらの佇まい。
IMG_5416s.jpg
新幹線開業で、青森駅はどの様に変わってしまうのか・・・。

ホームに戻ると、「かもしか6号」秋田行きの列車が止まっていて、583系は側線の方へ入っていたので、両方入るように・・・
IMG_5426s.jpg
青森駅でも583系は人気で撮影する人が絶えることはありませんでした。

ところが、我々が乗るべき「スーパー白鳥26号」はどこかの事故の影響で14分遅れで到着するというアナウンスが構内に流れます。
八戸での乗り継ぎ時間は12分しかないので・・・まぁ普通に接続は待ってくれるだろうと楽観視してましたが、のんびり撮影する時間はなさそうです。

そして遅れていた「スーパー白鳥26号」が到着。
IMG_5433s.jpg
乗降を済ませると慌しく発車します。

余談ですが、この789系というのはいい車ですね。
乗ったのがクハと言うのもあるかもしれませんが、走行は静かですし揺れも少ない。
座席の座り心地も座面、背もたれ共ほどよいやわらかさであり、形状も体にしっくりきます。
次回は是非これに乗って青函トンネルを越えたいですね。

結局、列車は遅れを引きずり、14分遅れで八戸到着。
接続の「はやて26号」は乗り換え済み次第発車します、と言うアナウンスがあり、皆慌しく乗り換え。
IMG_5440s.jpg
ガラスドームに包まれたホームは近代的な雰囲気。

「はやて26号」は8分遅れで八戸を出発。
しかし、みるみる遅れを詰めていって大宮着時にはほとんど遅れはありませんでした。

最後、大宮駅ホームで「はやて26号」を見送り
IMG_5446s.jpg
およそ13時間にわたる長丁場でしたが、あっという間に終わった一日でした。
スポンサーサイト



テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

今年も宜しく~。
新年早々気合入ってますね。同行する息子さんにも頭が下がります。
【2009/01/02 00:00】 URL | 会長 #WjRtzHSU [ 編集]


会長、今年も宜しくお願いします。
正月にしか使えない切符で正月にしか走らない列車に乗りに行くわけですから・・・。
でも気合入れた甲斐はありました。
【2009/01/07 19:37】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/274-dbf1c0e5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)