のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移り変わる
私事で申し訳ないのですが、去る2月26日は私の母の命日でした。
なので毎年この時期に墓参するのが恒例となっています。

普段なら家族揃って行くのですが、嫁が午前中仕事があると言うので、今年は私一人で行ってきました。
ついでに懐かしい郷里の地も訪ねてみることに・・・。
IMG_5987s.jpg

まずは地下鉄を乗り継いでお茶の水まで。
IMG_5959s.jpg IMG_5961s.jpg

お茶の水から秋葉原まで歩いていきます。
IMG_5962s.jpg
昌平橋交差点を一跨ぎする総武線の鉄橋、正式には松住町架道橋と言うそうですが、いつ見ても美しい造形だと思います。
この鉄橋を見るだけでもこの区間を歩く価値があると思います。

昌平橋交差点を渡っていると
IMG_5963s.jpg
またしても中央線201系と遭遇。わずか2本しかいないはずの201系ですが、以前にも同じ場所で遭遇しており不思議な縁を感じざるを得ません。

アキバを軽く流した後、総武線に乗って船橋まで。
本来、埼玉方面から鎌ヶ谷市内へは武蔵野線~新京成線を利用した方が、乗り換えが楽で時間的にも早いのですが、あえて船橋経由東武野田線を選択しました。
船橋到着時、野田線ホームに止まっていたのは・・・
IMG_5969s.jpg
原型顔!8104Fです。何という巡り合わせ・・・。
IMG_5972s.jpg IMG_5977s.jpg
ジャンパ線も幌もない、妙にすっきりしてしまっている8404は野田線独自の顔つき。
反対側の8104は普通の顔ですが、種別表示を省略しているのが野田線クオリティ。

そして鎌ヶ谷駅東口ロータリー。
IMG_5982s.jpg
20年前、駅の東側は雑木林で出口は西側にしかなかったのですが、高架化により景色は一変しました。
地上時代から高架切り替えまでの一部始終を見てきましたが、完成となったこの姿を見てももはや故郷の駅とは思えなくなってしまいました。

さて、ここからはバスに乗ります。
IMG_5983s.jpg
2年前に新設された船橋新京成バスのパークサイド鎌ヶ谷線。
鎌ヶ谷駅西側の道路整備が一部出来上がったことで運行可能になった、と新京成バスのWEBサイトには書かれています。
なんとこのバス、私が以前住んでいた家の真ん前を通っていくらしいので、一度乗ってみたいと思っていたのでした。
IMG_5986s.jpg
梨畑の間をぶった切ったような新設道路を通り、昔ながらの狭隘な道を過ぎて、東中沢2丁目で下車。
徒歩でも12~3分の距離ですがバスは5分ほどで着きました。
本当に家の前を通った・・・天国の母もさぞ驚いていることでしょう。

ここから鎌ヶ谷市内をぶらり。
散策しながら思ったこと。
この地には20年以上すんでいましたが、年代によって行動エリアが微妙に変化していて、小学生の頃の通学路などは当時との違いも分からなくなってしまっています。
幾つか特徴ある建物に当時の面影を残すと言ったところでしょうか。
中学生時代の行動エリアは、不思議なほど変化が少なく、高校・大学の頃は鎌ヶ谷駅まで自転車で通っていたので、前述の新設道路や駅前が大きく変化している反面、西口商店街などは全く変わっていなかったりします。
社会人になってからは新鎌ヶ谷まで自転車で通っていましたが、このエリアは比較的近年まで見続けていたお陰で違和感無く見られました。
ただし、新鎌ヶ谷駅周辺はものすごいスピードで変化していってますので、ここだけは論外ですね。

以下余談。
市内に点在する千葉県企業庁の看板。
IMG_5994s.jpg
これらは千葉県営鉄道北千葉線の建設用地として県が確保した土地なんですが、路線の計画は凍結中。いや、未だに計画が消えていないのが凄いですが・・・。
計画が完全消滅するまでこの虫食い状の空き地は残るのでしょうね。
ちなみに新鎌ヶ谷駅周辺も土地が確保されていて、それらは新京成線高架工事に有効活用されています。

閑話休題。
ぶらーっとして辿り着いたのは新京成・北初富駅。
IMG_6002s.jpg IMG_6004s.jpg
踏切によって遮られているのは国道464号線(県道57号と重複)、新京成線は直線で結ぶこの道路と4回交差しています。
北初富の駅舎は昭和50年代後半に現在の橋上駅に変わったのですが、高架化によって移転、建て替えが決定しています。
戦災、自然災害などを除いて、25年程度しか使われなかった駅舎と言うのも珍しいのではないでしょうか。

駅舎から新鎌ヶ谷方面を写す。
IMG_6007s.jpg
2つ目の踏み切りの先が駅の移転先のようです。

ホームから8800形を撮影しますが
IMG_6010s.jpg
何か違和感が?
IMG_6011s.jpg
ああっ、ドアの帯が無くなってる・・・。ドアの形状も本来の8800のものとは違うようです。

津田沼方面は8000形ですが
IMG_6013s.jpg
お前もか!
IMG_6014s.jpg
コスト削減なんでしょうか?でもとっても違和感があります。

初富で一旦降りて別の列車を撮りましたが
IMG_6020s.jpg IMG_6021s.jpg
あぁ、こちらはちゃんと帯がある。やっぱりこっちが落ち着きます。

そして、そのまま京成津田沼まで乗って行きました。
IMG_6030s.jpg IMG_6033s.jpg 
京成線のホームでは上下線とも快速がスカイライナーの通過待ち。
ちょうど上下のスカイライナーが離合し、迫力あるシーンが展開されます。

京成津田沼駅は橋上駅舎に駅ビル併設の姿。
ここからまたバスに乗っていきます。
IMG_6046s.jpg IMG_6050s.jpg
こちらも平成19年から走り始めた新しいバスです。
今は、実証運行と称して本格運行に向けたテスト期間の様なのですが、実際に乗ってみるとそれなりに乗客も乗っていますし、このままの形態で運用されていくのではないでしょうか。

さて、無事に墓参も済ませて新習志野駅です。
IMG_6053s.jpg
ここも開業当初は何もない埋立地だったのですが、ショッピングセンターができて人が集まる駅になりました。

あとは帰るだけ・・・なのですが、線路内人立ち入りとかで10分ほど遅れて運転されているとのこと。
列車を待っていると通過列車が。
IMG_6057s.jpg
勝田のK60編成です。急行表示です。
後で調べたところによると「勝浦ビッグひなまつり号」だったようです。長い名前だ・・・。

東京行きは10分以上遅れて到着。
IMG_6063s.jpg IMG_6064s.jpg
本来なら葛西臨海公園でやり過ごすはずの特急を新習志野で退避。

あわよくばブルトレの写真を、と思っていたのですが、この遅れで東京着が17:51頃とかなりギリギリの時間に。
仕方ないので改札を出て国際フォーラムを抜けて有楽町駅へ入場。
でも取れた写真はこんなの。
IMG_6066s.jpg
私のカメラでは全然明るさが足りませんでした。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/301-0a61e22e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。