のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飯田線呑み鉄と廃線巡りの旅(1日目)
新緑タップリの飯田線の魅力を再確認し、閉園間際の佐久間レールパークを後ろ髪惹かれる思いで通過し、鶯巣→平岡間の廃線跡を散策するべく、各駅停車の旅に家族ぐるみで参加してきました。
集合は東京駅、いつもなら丸ノ内線や山手線を使うのですが、今日は趣向を変えて飯田橋から中央線でアクセス。
すると、東京駅の2番線に待っていたのは201系。
IMG_6558s.jpg
息子と記念撮影をしようと思ったら、イケメンの運転士氏が帽子を貸してくれました。

東海道線ホームに各自燃料を調達の上集合、634発沼津行きに乗り込み出発です。
IMG_6559s.jpg

このあと沼津、興津、浜松と乗り継いで豊橋まで。
IMG_6567s.jpg
静岡県内は211系や313系のロングシート車ばかりの運用で、混雑度もかなり高いです。
この区間は旅行としてはあまり楽しめないかもしれないですね・・・まぁ4割くらいは寝てましたが(苦笑)

豊橋では天竜峡行きの列車までは時間があるのでしばし自由行動。
駅そばで軽く腹を満たした後、駅前の市内電車を見物。
IMG_6573s.jpg IMG_6576s.jpg
塗装と広告によって雰囲気が変わっていますが、元をただせばどちらも元名鉄車。
特に右のモ3200形は昭和30年製のモ580形が前身で、通常運用されている車両では最古のものになるようです。
一昔前の路面電車の標準的スタイルですが、イベント用のモ3100型と合わせ、豊鉄には4両が残るのみです。

そして本日のメイン、飯田線への乗車となります。
IMG_6583s.jpg IMG_6588s.jpg
久々のクロスシートで本日2回目の乾杯・・・。

列車は市街地から、次第に山深い地域に入っていきます。
佐久間レールパーク見学を希望するdssbts氏夫妻は中部天竜で途中下車。

途中、交換待ちの水窪では停車時間を利用して駅舎の撮影。
IMG_6592s.jpg

そして目的地の鶯巣へ。
IMG_6600s.jpg
山の斜面にへばりつくような、いかにも飯田線らしい駅です。
ここから平岡までの1駅間、廃線跡を散策です。


IMG_6604s.jpg IMG_6617s.jpg
天竜川に沿った山道の国道を歩いていくと・・・

IMG_6609s.jpg
新線と旧線の橋が並行する場所へ。
ちょうど上りの特急「伊那路」が走り抜けていきました。

その他にも
IMG_6619s.jpg IMG_6626s.jpg
木々に囲まれた鉄橋、トンネル~鉄橋~トンネルの連続する箇所、沿線の地形の険しさを物語ります。

IMG_6630s.jpg
眼下に平岡の市街地が見えてきました。

鶯巣側から来ると最後の遺構となる落石覆い。
IMG_6635s.jpg  IMG_6637s.jpg
鉄柵が設置され、中に入ることはできませんでしたが、レールが残存しているのは確認できました。

鶯巣駅から歩くこと50分ほどで、平岡駅に併設のふれあいステーション龍泉閣に到着。
IMG_6645s.jpg
正直、子供連れでちゃんと行けるか不安でしたが、下の息子はやたらハイテンションでテケテケ小走りでどんどん先に行ってしまうくらい、対して上の娘は文句ばっかり言ってましたが、普通に歩いてこれました。
まぁ、平岡についたらピョンピョン跳ね回っていたので単に歩くのに飽きただけなんでしょうけどね(苦笑)
IMG_6653s.jpg
ちょうど良いタイミングでdssbts氏夫妻を乗せた列車も駅に到着しました。

各自チェックインを済ませ、ひとっ風呂浴びて食堂にて本日何回目でしたっけ?
IMG_6661s.jpg
乾杯♪

食事の後は部屋で2次会・・・だったんですが、内の怪獣どもが大はしゃぎで・・・ウルサクてすいませんでした。

そして初日の夜は更けていきます。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/317-8cd72cba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。