のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

18きっぷで行く甲信ひとり旅(2日目)
長野で迎える2日目の朝、起床は7時といつもに比べれば幾分かゆっくり。
今日は乗り鉄が中心です。

今日はまずしなの鉄道から。
IMG_0003s.jpg
こちらは乗車した115系。

全国で最後に残った直流急行形・169系は去就が注目される。
IMG_0005s.jpg
今回はダイヤの都合で乗車は見合わせたが、運用は決まっているようなのでいつの日か乗りに来よう。

長野0817→小諸0922

小諸駅
IMG_0016s.jpg
かつては特急停車駅として、また小海線への乗換駅として東信地区の要衝だったこの駅も、新幹線のルートから外れたことによる凋落振りには目を覆うものがある。
立派な駅舎だけがかつての栄華を物語るかのよう。


小諸駅で私を待っていたのは、ハイブリッド気動車、キハE200。
IMG_0009s.jpg
「見せてもらおうか、JRのハイブリッド気動車の性能とやらを」

乗ってみた感想ですが、野辺山までは上り勾配のためか、発電用のエンジンは殆ど回りっぱなしだったように思います。
しかし、普通の気動車のように「ギュイーン」というような高回転はなく、「ドルドルドルドル」とひたすら発電用に徹するような感じで、静かであったと言えるのではないでしょうか。
ちなみにモーターの音は、座った場所の関係だったのでしょうか、殆ど聞こえませんでした。


野辺山駅とJR線最高駅の記念碑。
IMG_0037s.jpg

小諸0958→小淵沢1224

小淵沢到着が若干遅れたため、中央線との乗り継ぎ時間があまり無いとのアナウンス。
とりあえず空席確認→駅弁購入→お茶を買おうと思うもすでに車掌はドアスイッチに手をかけている→お茶断念

小海線の車窓で野菜畑を沢山見てきたので無性に食べたくなったコレ。
IMG_0049s.jpg  IMG_0050s.jpg
かつて「鉄ヲタの常識」と一世を風靡したかどうかは良く分からないが、ちゃんと「チキンカツ使用」のシールが貼ってある(笑)

小淵沢1229→甲府1308

IMG_0051s.jpg  IMG_0056s.jpg 
IMG_0058s.jpg
甲府駅前、武田信玄がお出迎え。


山梨県庁
IMG_0071s.jpg  IMG_0074s.jpg  IMG_0061s.jpg
左から本館、別館(旧本館)、県議会議事堂。
別館は昭和5年、議事堂は昭和3年の建造、そして共に戦火を免れ未だに現役である。
その圧倒的な存在感は、山のようにそびえ立つ本館を完全に脇役に押しやっています。

残念ながら、甲府市は空襲により市内の殆どが灰燼に帰してしまったため、個人的に好みである明治~戦前の建築物というのはこの県庁舎くらいしかないようなのである。


甲府城
IMG_0139s.jpg  IMG_0093s.jpg  IMG_0122s.jpg
IMG_0195s.jpg  IMG_0198s.jpg  IMG_0202s.jpg
石垣が立派な城である。天守閣は無く、再建された稲荷櫓が資料館として機能している。
いわゆる昨今の戦国武将ブームとは外れる城であるためか、訪れる人の数はまばら。
ただ、公園としての面積は広いので少なく見えるだけかもしれない。
私が城を見る際は、パンフレットなどの案内図を見ながら櫓の位置などを想像し、攻め入るならこの門から取り掛かってあそこの櫓を落として・・・などとシミュレートするのである。
本来城とは攻めたり攻められたりするものなのである。

天守台からの眺望
IMG_0112s.jpg IMG_0115s.jpg
甲府盆地を一望、甲府駅も眼下に見下ろすことが出来、発着する電車の様子も見て取れる。
城郭を線路が分断している様子も良く分かる。
鉄と城、兼業している私のような人間には中々楽しいスポットであります。

武田神社へはバスに乗って。
IMG_0160s.jpg
見慣れた塗装のバスですね。
 
武田神社
IMG_0162s.jpg  IMG_0168s.jpg  IMG_0169s.jpg
言わずと知れた戦国武将・武田氏の居館があった場所である。
堀や土塁など、いたるところにその遺構を見出すことができる。
甲府における信玄の人気は当然ながら圧倒的なようで、貸切観光バスが何台も乗り付けては多くの観光客を送り込んできていました。


ほかにも市内には信玄ゆかりの史跡などが多く点在しているのですが、時間的なこともありスッパリ諦めることにします。

甲府1623→大月1724

IMG_0210s.jpg  IMG_0217s.jpg
車内で時刻表を見ていると、この後に来るホリデー快速が今乗っている列車を追い越すようだ。

大月
IMG_0222s.jpg
丸太小屋風の駅舎は昭和3年建築、富士急と接続し、観光客の数も多そうな当地では若干手狭に感じることもあったが、いつまでも残してほしい名駅舎の一つ。


締めの列車はコレ
IMG_0226s.jpg  IMG_0228s.jpg

大月1740→新宿1853

最後に、新宿では今までの県庁舎からのつながりということで、東京都庁を撮影。
IMG_0232s.jpg
古い建物が好きだからといって新しい建物が嫌いというわけではなく、現代建築でも優れたデザインのものは良いと思うのである。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

おはようございます。

!!
169ってまだ稼動車があるんですね。湘南色に塗られたんでてっきり終わってたかと思いました。
これはそう遠くないうちに実見しておきたいです。
【2009/09/09 09:21】 URL | ar-2 #SFo5/nok [ 編集]


ar-2さん、こんばんは。
169系、3連×4本、全車健在ですよ。
朝のしなのサンライズとその返し、夕方のしなのサンセットとその送り込みに限定運用で入ってます。
平日朝のしなのサンライズは3連×3本の9両編成での運転ですが、私がこれを見ることは叶わなさそうです。
【2009/09/09 23:31】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/370-bcea5ee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)