のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

日本横断乗り鉄紀行(3日目~4日目)
全国的に雨の予報の金曜日。

福井市内にもどんよりと雲が垂れ込めます。
IMG_1799s.jpg

まずは福井鉄道の併用軌道に撮影に出かけます。

IMG_1808s.jpg
新しく架け替えられた幸橋を渡ってきた元名鉄の770形。

とにかく自動車の交通量が多く、なかなかいいシャッターのタイミングが掴めません。


そして、今回の最大のお目当てである200形。
IMG_1812s.jpg IMG_1817s.jpg IMG_1822s.jpg


ニコ同のページはこちら
併用軌道を行く大型車両というシチュエーションがたまらんです。
動画では連接車独特のジョイント音も聴けるかと思います。
200形は一時は全車が全面広告になっていたようですが、いまは各編成が歴代福鉄塗装を見に纏ってい

ます。
特に白い帯が入る登場時塗装の203がカッコイイですな~。

それと、新塗装の202の背景にあるのは昭和29年竣工の福井地方裁判所。
昭和初期以前の建築と路面電車とは絶妙のマッチングを見せるのは紛れもない事実。
富山の電気ビル然り、松山の愛媛県庁然り・・・。


一通り撮影し、駅前通のマ◎クで朝食。
2階席から電車が見えるかな、と思ったんですが、アーケードのおかげで見えるのはパンタグラフだけと言うオチでした。

続いて、福井城本丸跡地に建つ福井県庁へ。
IMG_1825s.jpg
堀と石垣が往時のまま残され、その中に県庁舎と県警本部が建てられています。

IMG_1830s.jpg
県庁正面に武将の像が・・・近付いてみると福井藩初代藩主・結城秀康でした。
今現在、この稿を書く際に調べていて気付いたのですが、秀康出生の地が浜松で、最期の地となったのはここ福井。今回の旅の行程が彼の生涯をなぞっているようで、偶然とは時に面白い悪戯をするものだと思いました。


IMG_1832s.jpg IMG_1837s.jpg
敷地の北西側にかつての天守台跡と福井の名の由来となったと言われる福の井があります。

西側の堀には復元された御廊下橋。
IMG_1841s.jpg


城跡の見学を終え、そろそろ田原町に引っ込んでいた202編成が動き出すころ。
大名町交差点で捕らえました。
IMG_1845s.jpg
路面電車タイプの770形と並ぶと、その大きさが一目瞭然です。

そしてこの時間帯、福井駅前に列車が集中する時間でもあるのです。
その辺を市役所前駅付近から動画で撮ってみました。


ニコ同のページはこちら
余談ですが、福井鉄道は3月25日のダイヤ改正を機に一部の駅名を変更するそうです。
その中で福鉄独自の呼び回しである「福井新」「武生新」の駅名も変わってしまうとのこと。
この「武生新」の方向幕も貴重な記録になりそうです。

これで福鉄の撮影は終了、時間がなくて乗れなかったのは残念ですが、後の予定も大体決まっているので次へと向かいます。

IMG_1854s.jpg IMG_1850s.jpg
京福バスターミナル、今年4月をもって閉鎖されると言うことを現地へ来て初めて知りました。
ここから約40分、バスに揺られ丸岡へ。
IMG_1855s.jpg


現存最古の天守と言われる丸岡城、昨夏の北陸旅行の際にもルートに入れたかったのですが、時間的にどう考えても無理があったため諦めた経緯があります。
IMG_1856s.jpg
何というか・・・全く観光地化されてない感じが逆にイイです。


IMG_1874s.jpg

内部は、戦国期の建築らしく質実剛健、階段が今まで見た城の中でも特に急で、私の前に来ていた初老のご夫婦が昇り降りにかなり難儀していました。

天守閣最上階からは福井平野を一望。
IMG_1867s.jpg


天守を見終わった後は、併設されている資料館を見学し、ちょっと早いですが昼食。
IMG_1875s.jpg

同じ敷地内にある一筆啓上茶屋さんで「福井人セット」なるものを注文。
IMG_1879s.jpg
おろし蕎麦とソースカツ丼という福井名物のいいとこどり、といったところでしょうか。
お味の方も美味しゅうございました。

お腹も満たされ、次なる目的地へ向かうため丸岡バスターミナルへ徒歩で向かいます。

途中、城下町らしい雰囲気に足を止めます。
IMG_1883s.jpg IMG_1884s.jpg IMG_1889s.jpg

丸岡は非常に落ち着いた感じのいい街です。


IMG_1893s.jpg IMG_1894s.jpg
本丸岡バスターミナル、ここから各地へのバスが発着しています。
メインルートは往路にも使用した福井行きで時間当たり3本ありますが、それよりも12:25に松岡駅行きがありますので、それに乗車し松岡駅へ。
IMG_1895s.jpg

IMG_1900s.jpg IMG_1898s.jpg IMG_1902s.jpg
駅舎関係の書籍ではえちぜん鉄道の駅としては永平寺口が紹介されることが多いのですが、なかなかどうしてこの松岡駅舎もかなり良いではないですか。
実は本丸岡12:40に永平寺行きのバスもあり、永平寺駅舎を撮影していくことも検討していたのですが、こちらのルートにしたのは正解だったようです。

駅の周りを撮影しながらウロウロしていると、駅員さんが
「どちらまで行かれますか?」
と聞いてきた。
どうやら福井行きの列車の時刻が近付いていたので声をかけてくれたらしい。
私は
「勝山まで」
と答えると、今度は勝山まで行く客が珍しかったらしく、色々をお話をさせていただきました。

IMG_1911s.jpg
そしてやってきたMC6101形、車内はボックスシートが程よく埋まっている感じで、私は一番前よりのロングシート部分に腰掛けました。
しかし、静かで落ち着いた車内は2駅目の永平寺口で一変、団体の観光客が大挙乗車してきたのです。
まあ、えち鉄に沢山お客が乗ることは決して悪いことではないので、良しとしましょう・・・。

松岡1315→勝山1348

IMG_1915s.jpg IMG_1919s.jpg
そして終点の勝山着。
勝山駅舎は和風建築で、こちらは堂々たる構え。

勝山と言えば恐竜が有名で、恐竜博物館なるものもあるのですが、ここはあえてタクシーに乗り込み行先を告げます。
「勝山城まで。」


IMG_1925s.jpg
この勝山城、深い霧で全容が把握できませんがかなりの大きさ。
実は歴史的な背景は全くなく、実業家の故多田清氏が資材を投じて作られたものなのです。
平成4年竣工の鉄筋コンクリート製、いうなれば城郭型高層ビルです。

IMG_1927s.jpg
石垣には九頭竜川に因んだ九頭の龍が彫刻されていますが・・・ちょっと趣味悪いかなぁ。

内部は資料館となっており、甲冑や刀剣などが展示されています。
そして、この高さの天守からの眺望はさぞや壮観だろう・・・
IMG_1930s.jpg
霧でした・・・orz
しかしこれはこれで幻想的な景色であると言えましょう。


IMG_1932s.jpg
地面・雲・そしてその上の世界という図を私は初めて見ました。
右下に見える林が平泉寺の境内の入口で、歴史的価値から言えばこちらを見るべきでしょうが・・・。
その辺は次回訪問時の宿題ですかね。

IMG_1942s.jpg

お城を辞して再びタクシーで勝山駅へ。
勝山まで来てこれだけというのは何だか勿体無いのですが、時間が限られているので仕方ありません。
IMG_1946s.jpg

福井へ戻る列車内より、雨と雪解けで荒れる九頭竜川。
IMG_1953s.jpg

勝山1520→福井口1609

IMG_1954s.jpg
福井口で三国港行きに乗り換えです。

IMG_1958s.jpg
福井口の下り側、2路線の分岐と車両基地を擁し、複雑に分岐する線路(惚)

三国港行きでやってきたのは元阪神っぽいヤツ。
IMG_1961s.jpg

乗って動き出すまで知りませんでした。この電車吊り掛け駆動じゃないですかッ!
上回りが阪神なんでてっきりカルダン駆動だと思い込んでいました。
自分の浅学を恥じる今日この頃・・・。

ちょうど高校の下校時刻に重なるのか、車内は一時混み合いますがそれも束の間、基本的にまったりとした雰囲気は変わらず終点まで。

福井口1614→三国港1658

IMG_1963s.jpg
三国港駅は、開業時の駅舎への復元工事が終盤を迎えているようです。


駅を出て、線路の反対側から元阪神、MC2101形を撮ります。
IMG_1964s.jpg IMG_1967s.jpg
何と、イコライザー式台車とな!?
平成22年の御世にあって未だに定期運用を持っているとは・・・驚きの連続です。


そして駅から徒歩5分ほどの場所にある三国温泉ゆあぽーとへ。
IMG_1970s.jpg

前日まで2日間、ユニットバスのシャワーでしたから、久し振りの湯船が気持ち良かったです。
暮れ行く日本海を見ながら~と言うにはちょっと天気が悪すぎましたが・・・。


さっぱりしたところで帰途につきましょう。
IMG_1975s.jpg

三国港1839→福井1929
IMG_1982s.jpg


福井駅で食料、燃料を調達し、「しらさぎ」で移動します。
683系も初乗車。車内で軽く燃料補給です。
IMG_1993s.jpg

13Mしらさぎ13号 福井2006→金沢2052


「北陸」「能登」廃止を2週間後に控えた金沢駅。
列車が入って来るまでまだ1時間ほどありますが、既に撮影ポイントでスタンバイしている人、ホームの各種表記などを記録している人など、いかにもな同業者の方々が多数。

私も彼らに混ざって、各所の記録を開始です。
IMG_1996s.jpg IMG_2001s.jpg IMG_2003s.jpg
IMG_2006s.jpg IMG_2007s.jpg IMG_2022s.jpg


金沢運転所より「北陸」が回送で入線すると、ホームは一時騒然となります。
IMG_2012s.jpg


同時に「日本海」も入線、こちらもカメラを持った人達に取り囲まれます。
IMG_2016s.jpg


一旦西金沢方へ引き上げた「北陸」が、機回しを終え再び入線。
IMG_2027s.jpg



IMG_2031s.jpg
そして、「能登」が入線してボルテージは最高潮へ。
しかし「出雲」「富士・はやぶさ」を送り出してきた目から言わせれば、実に大人しいものだと思いました。

私も、この旅行のラストランナーとなるこの列車に乗り込みます。
IMG_2040s.jpg

急行「能登」、個人的には思い入れと言うほどのものはなく、今回乗るのもそれが目的なのではなくあくまで東京へ帰るための手段として選択しました。
しかしながら、金沢運転所489系には思い入れがありまして、13年前、初めて北陸を訪れた時に乗車したのが特急「白山」、当時最も好きな昼行特急でした。

その489系の2度目のサヨナラ・・・そしてそれはおそらく今生の別れ・・・に立ち会うことになったと思うと、また感慨深いものがあります。

列車は22時15分、定刻通りに金沢を発車。


IMG_2045s.jpg
本日の晩餐は福井駅おなじみの越前かにめし、というか先刻福井駅に着いた時、駅弁屋のシャッターが目の前でガラガラと下がっていくのを見たときはガックリしたものですが、同じ駅コンコース内にあるコンビニに一個だけこれを発見したときには安堵したものです。
しかし、よく見てください・・・消費期限・・・・・・。



腹ごしらえが終わったあとは、旅の疲れが一気にきて即就寝。
気付いたら減光されてた、気付いたら進行方向変わってたと言う感じ、何となく長岡らしい駅で隣に「あけぼの」が止まっていたのを見たような記憶があります。

夜が明けて、完全に目が覚めたのは上尾の辺りを通過した頃、大宮で見慣れた東武8000系のシルエットを見たとき、旅の終わりを実感しました。

602M能登 金沢2215→上野605

IMG_2052s.jpg
早朝の上野駅にも大勢のファンが詰め掛けていました。
私も、長旅を共にした「能登」と踵を合わせてやってきた「北陸」をカメラに収めて今回の旅は終了しました。
IMG_2050s.jpg IMG_2058s.jpg
IMG_2061s.jpg IMG_2062s.jpg





今回、かなり思いつきの要素が強かった浜松、かねてより念願だった福井、そしてそれらを無理矢理結びつけた大糸線、見たかったもの、乗りたかったもの、撮りたかったもの、行きたかった場所、かなり満足の行く形で消化できました。
それでも、特に福井では行き足りなかったところ、新たに行きたくなった場所などあり、またいずれ再訪したいとの思いを強くした次第です。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。イイ旅行をされましたね。
>福鉄203
私的には福鉄と言えばこのカラーしか考えられません。実見してみたいです。
>京福BT
あの事故で長期運休時、東武バスの応援車輛をここで撮った記憶が甦ります。
てか閉鎖とは・・・驚きです。
>元阪神のヤツ
コイツはナカナカ運用が掴めなかったはず。ラッキーだと思います。
>金沢駅
そういえばこの日は某氏とニアミスしているような・・・。

何あれ、北陸の魅力を改めて・・・また行きたくなってしまいました(笑
【2010/03/03 22:42】 URL | AR-2 #SFo5/nok [ 編集]


おはようございます
旅行お疲れさまです
>イコライザー
これは貴重ですね。
確か全国でもここと…あと上毛、十鉄、琴電くらいでしたっけ?しかも保存目的ではなく第一戦で使っているのは思い当たりません。
【2010/03/04 08:02】 URL | クロポ415 #T4VI7/Tg [ 編集]


AR-2さん、こんにちは。
>福鉄203
私の福鉄のイメージは201のクリーム青帯の塗装ですね。
>京福BT
駅前バスのりば整備による措置だそうです。
>元阪神のヤツ
そういう意味でも平日に出かけたのは正解だったかもしれません。
>金沢駅
ニアミスどころか衝突事故レベルです。しかしアレだけの人がいてはお互い認識できるはずもなく(笑)


クロポ415さん、こんにちは。
俺達は大事なことを忘れていやしないか・・・?

つ銚子

しかしこちらも今月中にさよなら運転が行われると言う話みたいですね。
【2010/03/05 13:57】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


こんばんわ。
色々と楽しまれたようで
個人的に福井鉄道はお気に入りで琴電とともに97年~00年頃何度も行きました
福鉄200といえばツーカーセルラー北陸時代から続いたJ-PHONE広告車や
AIGスター生命広告車はお気に入りでした
元名古屋地下鉄の630のカラーはかつて在籍していた元静岡鉄道から来た300の
リバイバルカラーです、余談ですが福鉄一のレア車600には乗りましたか?
西武生あった旧本社社屋も解体されてしまったようで・・・

>元阪神、MC2101形
これは元は南海1200型車体更新(乗せ買え)車です
2100は全てそうです1両のみの1100は自社発注の名鉄3800の両運仕様の車体でした。

>この電車吊り掛け駆動じゃないですかッ!
元名鉄のゲルリッツ台車(FS-107・FS-36)履き換え車かと・・・
【2010/03/06 20:30】 URL | 小間物屋 #YVQqhxY2 [ 編集]


小間物屋さん、こんばんは。
福井のいい意味でのカオスっぷりにはまりそうです。
>レア車600
元名古屋市交の単行のヤツですね。あれはたしかイベント限定だったかと。

>元阪神、MC2101形、吊り掛け
三国港での画像にあるようにその元南海の台車を履いていると思うのですが。
【2010/03/06 23:37】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/430-6209677f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)