のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄分薄めの関西巡礼の旅(1日目・後編)
彦根城から駅まで戻りましたが、食料の調達に手間取り、列車の発車時刻ギリギリになってしまいました。
IMG_3951s.jpg
それでもとりあえず橋上駅舎の上から車両基地の様子を納めました。

近江鉄道に乗り5駅。
IMG_3954s.jpg IMG_3957s.jpg
豊郷駅に降り立ちます。

旧中仙道を北東方面へと歩を進めます。
IMG_3962s.jpg

しばらく歩くと現れるのが豊郷町役場。
IMG_3964s.jpg
後年に増築されているようですが、こちらの建物も出資者の名前の中に古川鉄次郎の名前があり、昭和初期の建築であることがうかがえます。(豊郷小学校展示室にて確認)


そしてその町役場から100mほど、いよいよその威容をあらわすのは
IMG_3969s.jpg
豊郷小学校旧校舎群。

ヴォーリズの設計による西洋建築、劇中そのままの姿にただ見とれるばかり。
嫁も子供たちも喜びを隠せないようです。

正面玄関脇には、学校建築に尽力した古川鉄次郎の像が。
IMG_3971s.jpg
思っていたよりも大きいのですね。

正面玄関から入れば一躍有名になった階段手すり上の「うさぎとかめ」のブロンズ像が目に飛び込んできます。
IMG_4023s.jpg
階段の上を見上げれば、マーシャルアンプに直結したレスポールのマイルドな歪みによるコードストロークが今にも聞こえてきそうではありませんか・・・。

そんな感銘に浸る親とは裏腹に子供たちは大はしゃぎで階段を駆け上がっていくではありませんか。

そしてたどり着いた先にはやはり既視感のあるその光景。
IMG_4029s.jpg

一歩踏み出せばそこは・・・
IMG_4030s_20100820231105.jpg IMG_3978s.jpg IMG_3980s.jpg
嗚呼、蘇る名シーンの数々。
黒板に並べられたメンバーの名前が書かれた紙、2期後期OPにて登場したものですが有志の作によるものでしょうか、見事な再現度です。

入部届けや講堂使用許可証など、思わずニヤリとしてしまう小物も。
どちらかといえばぐしゃぐしゃにして机の中に入っていた方がリアルかな、なんて思ったりもしましたが(笑)

子供達も目を輝かせて色んなものを見てまわってます。
驚いたのが、娘が校歌(もちろん桜ヶ丘高校のソレ)をオルガンで弾きだしたことでしょうか。
そのセンスを親はもっと正しいことに導いていかなければいけないのでしょうけど・・・(苦笑)

格子状の影が板張りの床板に落ちる。
IMG_4026s.jpg IMG_4033s.jpg
現代建築のアルミサッシの引き違い窓とリノリウム製の床材では決して出すことのできない暖かみがあります。


講堂へとつながる渡り廊下、そして講堂。
IMG_3999s.jpg IMG_4000s.jpg
桜咲く始業式、期待と不安の学園祭・・・ホッチキスのギターソロがフェードアウトしていく新歓ライブのシーンが何といっても印象的でしょうか。

講堂の中も見学可能でした。
IMG_4004s.jpg IMG_4008s.jpg
緞帳が上がるあの緊張の一瞬。

講堂と向かい合うように建っているのが酬徳記念館(旧図書館)。
IMG_4043s_20100820200447.jpg
こちらも今ではファンの集う場所として機能しています。
IMG_4018s.jpg IMG_4016s.jpg
訪問日は平日だったのでカフェはやっていませんでした。
娘は、次はカフェの営業日に来たいと言っています。
まあ、自分もまた来たいと思っていますが。


最後に記念撮影・・・
IMG_4048s.jpg
わっしょい!

・・・娘がやってくれなかったので自らやりました、すいません。


豊郷小学校、けいおんという作品を抜きにしても素晴らしい場所でした。
IMG_4053s.jpg
嫁は、
「けいおん好きなら絶対一度は見に来なきゃダメだよ!」
などと妙に鼻息荒く熱弁しています。

ともあれ、また近いうちに来ることになりそうです。

帰りはタクシーでJR河瀬駅まで向かいました。
IMG_4057s.jpg IMG_4060s.jpg
現在橋上駅舎化されている同駅ですが、以前使われていた跨線橋には鉄道院の刻印があり、その支柱はいまでも保存されています。

そしてやってきた快速列車で宿をとってある京都へと向かいます。
IMG_4062s.jpg

・・・が、人身事故の影響でダイヤが乱れ、京都の一歩手前、山科で立ち往生。
さらに山科を発車したは良いが、そこから京都まで30分以上かかってしまいました。

日没前に京都駅につく予定が
IMG_4066s_20100820200617.jpg
「ダイコン」もすっかり闇の中になってしまいました。


2日目へつづく
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

こんばんは。絶好の「豊郷日和」を堪能されましたね。
>豊郷町役場
やはり「タダの建物」ではなかったのですね。しかもここでも古川氏の関わりにあることに驚きました。机上調査ではお手上げだったので参考になります。

訪れるファンに深い感銘を覚えさせ、再訪の念さえも抱かせる不思議な魔力を豊郷小学校旧校舎群は有しているようですね。
そんな魔法に掛かった私も月末に再訪・・・前回は興奮のあまり見学し損ねた(笑 講堂内もしっかり記録してきます。

校歌をオルガンで弾きだしたり、カフェに来たいと希望したり、鼻息荒く熱弁をふるったり・・・。
家族ぐるみとは聞いていましたが、まさかここまでとは(笑
【2010/08/21 22:47】 URL | AR-2 #SFo5/nok [ 編集]

Re: タイトルなし
AR-2さん、こんにちは。
20話をリアルタイムで見ることを犠牲にしてでも行ってよかった、今はまさにそんな気分です。
次は放送終了後、涼しい季節に行きたいですね。
【2010/08/22 11:26】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/482-bfe35c4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。