のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

3・11 今日という日を忘れないために
22:00発、サンライズ瀬戸に乗って岡山から尾道へ、山陽、瀬戸内地方の旅行へと思いをはせていた3月11日の昼休み。
IMG_5317s.jpg
その幻想は、2時間後に起こったいまだかつて経験したことのない揺れによってぶち壊されました。



14:46頃 職場工場にて被災
まず工場搬入口のアルミの大きな自動ドアがバタバタと音を立て、最初は突風でも吹いたのかと思いました。
すぐ後、高さ約2.5メートルほどのスチール棚が、まるでコンニャクのようにグニャグニャと揺れ、長さ4メートルのアルミ部材を搭載したパレットがガッシャンガッシャンと音を立てていました。
足元はまるで悪天候時の釣り船のように揺れ、まるで波打っているかのような錯覚に襲われました。
1分ほど揺れ続けたでしょうか、とりあえず揺れが収まったのを確認してからパソコンで情報を確認、第一報で東京23区は震度6弱、震源は宮城と知りました。

家に連絡しようにも携帯は使えずメールも送れずに止まってしまう。嫁からのメールは届きとりあえず無事でいることを知るがこちらの無事を伝えることができない。

細かい余震が続く中、仕事に戻るも中々手がつかずにいるところに2回目の大きな揺れ。
安全を確保し、工場の外の道路に出ると、東の空に黒煙が上がっていました。
後に知ったことですがお台場方面の建設中のビルが炎上していたとのこと。

16:30頃、定時前ですがもう帰っても良いと会社から通達されましたが、交通が寸断されているため帰る手段は徒歩しかない状況でどうすることもできず、とりあえず定時までは仕事をしていました。
一応の就業後、事務所で情報を収集し、東北地方での尋常ならざる被害を知ります。
徒歩組、車組が三々五々帰っていき、残留組は20名ほどいたでしょうか。
車で帰った人たちによると、川崎まで9キロ進むのに4時間かかったそうで、道路交通も完全に麻痺。

私は社員食堂へ移動し、他数名とともに時間をつぶしていました。
他にすることもないので、ひたすらTVでニュースを観ていました。

21:00頃、お腹が空いたので食料の買出し。
会社の近くのバス通りに出ると、北から南から、歩く人・人・人…。
100均に入るとおにぎりやパンと言ったすぐ食べられるものは軒並み売り切れ。
カップラーメンとせんべい、ビスケットを求め職場に戻りました。

ちょうど同じ頃に、都営地下鉄が運転を再開し始めるニュースを確認しました。三田線が動いているようなのでかなり少ない徒歩距離で帰宅できそうではありましたが、三田にたどり着いても混雑で電車に乗れない可能性も考え、何もない場所で夜を明かすリスクよりも夜明けを待って行動したほうが良いと結論し、会社泊を決めました。

椅子を並べてベッドを作り、就寝準備。
IMG_5298s.jpg
着替えに持ってきていたTシャツやバスタオルを布団代わりに。まさか旅行の準備をこんなかたちで活用することになるなんて。
しかし、こんなベッドでは中々寝付けず、結局眠れたのは2~3時間くらいでしたでしょうか。

未明、目が覚めるとTVが騒がしい。同僚2人が食い入るように見ている。
眠い目で見てみると長野のほうで震度6の表示、眠くて頭が追いつかない。本当に意味が分からなくてしばらく画面を見続けた。

夜明け前、東武東上線、営団有楽町線の池袋~和光市間の運転再開情報が未だ入らず、三田線での帰宅を決断。
高円寺に帰る同僚が車で行くと言うので三田まで便乗させてもらった。
IMG_5299s.jpg
未明の新馬場付近、昨日は終日運転を見合わせた京急も今日は始発から運行しているようだ。
品川を過ぎてからの第一京浜国道、両サイドの歩道には歩行者が列を成していました。
道路は未だ混雑するにはいたらず、三田まではスムーズに来れました。
IMG_5304s.jpg

05:41 空が白み始めた田町駅前。
三田線は始発より通常通り運転のアナウンス。
車内はそれほど混雑することなく、しかしながら土曜早朝の列車に乗る人の顔は、皆一様に疲れが見えて。

列車は志村坂上を出て地上に顔を出す直前、緊急地震速報によって抑止、しかし、数分停車したのみで再び発車。

IMG_5306s.jpg IMG_5309s.jpg
06:36 西高島平着。
ここからさらにバスを待つ人は、戸田方面へと帰る人たちでしょうか。

私はここから徒歩で和光市を目指します。距離は約4キロ、歩けば40~50分の予想、それくらいは歩きなれている上に、スニーカーなので楽勝の距離です。
IMG_5314s_20110313001300.jpg
笹目通りは渋滞が始まっていました。
歩いて12分ほどで、東武バスの長島バス停があります。時計を見ると6:52、直近の発車時刻も6:52、これはもう行ってしまったかなと様子を見ながら歩いていくとちょうどバスがやってきたのであわててバス停に戻り乗車。



07:07 和光市駅到着、徒歩で家路に就きました。
IMG_5316s.jpg
家に帰り、家族の無事な顔を見て一安心、そして父親と弟妹も無事を確認できました。
帰ってからもTVを観続けていましたが、前夜の睡眠不足のせいで見ながら寝てしまっていたようです。

幸いにも当方の被害はほぼないに等しいものでしたが、次第に明らかになる被害状況を見るにつけ、一刻も早い復興を願ってやみません。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/534-97a178ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)