のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

山陽制圧 4泊5日の弾丸ロード 3日目その5 坂とお寺と踏切と・尾道(5)
いい加減いつまで尾道の話してるんだと、そろそろ読者の方々は思われているかもしれません。
書いている私自身がそう思っているのですから…。
この旅行、他の日の1日当たりの平均撮影枚数は約300枚なのですが、この5月5日分に関しては800枚!
四六時中、全方位360度見どころのカタマリ尾道の魅力を果たして私の拙い構成でお届けできているのか不安です。
多分あと3~4回で終わると思うので皆様お付き合いください。
尾道駅を2号線に沿って、東へ2つ目の踏切が持光寺前踏切。
IMG_6711s.jpg
国道と線路はほぼ同一平面ですが、踏切を渡った先は壁のように聳える階段。
一軒目の家の敷地も列車の高さと同じくらいです。

上から。
IMG_6736s.jpg
踏切待ちの人も絵になります。

湘南色115系が通過。
IMG_6738s.jpg
駅が近いのと、おそらく列車種別による遮断時間の調整をしていないので結構待たされます。

坂の上はもちろん持光寺境内。
IMG_6742s.jpg IMG_6745s.jpg
山門の形状が独特です。

山門の位置から街を俯瞰。
IMG_6750s_20110519224514.jpg
海がチラッと見えているのがいいでしょう。

山門の手前から東に分かれ道があります。
IMG_6749s_20110519224710.jpg IMG_6753s.jpg
斜面の隙間に作られた細い道を巡っていきます。

土堂小学校の裏門に出ました。
IMG_6757s.jpg
千光寺山の斜面に時折見せるその存在感。いたって普通の鉄筋コンクリート造りですが、何と言っても3階部分の半円形の窓がいい味を出しているではありませんか。
小学校のウェブサイトによれば、この東校舎、昭和11年の竣工とのこと。なるほどさすがに。

坂を下りて山陽本線と2号線にかかる歩道橋「うず潮橋」から今来た道を振り返る。
IMG_6766s_20110519230752.jpg
正面に見える階段は土堂小学校の正門へ向かう道。

そしてこのうず潮橋、なかなかいいアングルで列車を撮れます。
IMG_6770s.jpg

うず潮橋をそのまま下りず、持光寺に一旦戻り山門前の分かれ道を今度は西へ。
細い路地と階段を進みます。
IMG_6778s.jpg
正面に見える家屋、元は店舗だったのでしょうか?ファサードの装飾がとても凝っています。

この階段を下りると、線路の下を人がやっと2人すれ違えそうな小さなトンネルを発見。
IMG_6781s.jpg

このトンネルへのアプローチ部分、
IMG_6784s.jpg
思いっきり線路側へはみ出しています。

IMG_6785s_20110519232104.jpg
駅方向にいいS字を描いています。
長編成の貨物列車が映えそうなアングルですね。ただし通過列車には十分注意したいところです。

駅から2つ目の歩道橋。
IMG_6791s.jpg
映画「転校生」にて小林聡美演ずる主人公が自転車で一気に駆け上ったことで有名なのですが、私はその映画は未見なのです。

その歩道橋のすぐ先、東今の2踏切。
IMG_6797s.jpg
この踏み切りは線路を渡った後、緩やかな上り坂となっています。

先ほどの歩道橋上から。
IMG_6798s_20110519233545.jpg
線路を俯瞰気味に見られるポイントが多いのはモデラーとしては嬉しいですよね。

歩道橋から山側を見れば、正面には光明寺。
IMG_6802s_20110519233703.jpg IMG_6803s.jpg
左手には海福寺へ向かう階段が見えます。

IMG_6808s.jpg IMG_6809s.jpg
海福寺に参拝。

また歩道橋に戻ります。
ここも撮り鉄にはなかなか良いんじゃないの?
IMG_6811s.jpg

だから近いって!
IMG_6812s_20110519234058.jpg

次は寺道踏切、駅から4つ目の踏切です。
IMG_6826s.jpg
ここは宝土寺への入り口、左右非対称なアプローチが特徴。

踏切を渡ればすぐ壁。
IMG_6833s.jpg
お寺へはクランク状に階段を上っていかなければなりません。

立派な構えの山門。
IMG_6842s.jpg IMG_6843s.jpg
柵のデザインも凝っていますね。

広々とした境内。
IMG_6847s.jpg

境内から見下ろす街並み、初夏の日差しを浴びて海面がキラキラ輝いています。
IMG_6851s.jpg

向島をバックに鐘楼。
IMG_6853s.jpg
雲ひとつない青空、何よりも天気に恵まれたのが良かったです。

脇に抜ける小さな山門から、さらに東を目指します。
IMG_6855s.jpg

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/555-bbdb930b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)