のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

山陽制圧 4泊5日の弾丸ロード 4日目その1 倉敷編(1)
明けて5月6日の朝。
IMG_7150s.jpg
若干ガスっていますが雲ひとつない快晴、本日は撮り鉄がメインになるのでこれは期待できそうです。
まずはホテルの窓から眼下の線路を俯瞰撮影。
IMG_7153s.jpg IMG_7157s.jpg IMG_7163s.jpg
まるで模型を見るかのようなアングル。381系のフラットな屋根って結構好きなんですよね。

そして、この日を選んで倉敷にきた理由。
IMG_7165s.jpg
水島臨海鉄道キハ20です。この日は国鉄ツートンと水島色各1両の編成。
平日の朝・夕しか走らないので、この10連休はまさに千載一遇のチャンスと言うわけだったのです。
7:12倉敷市着、7:18三菱自工前行で折り返していきます。

ホテルをチェックアウトして線路際へ向かいます。
IMG_7170s.jpg

各線を一跨ぎする歩道橋の上へ。
IMG_7171s.jpg

所定であれば倉敷7:37発の東水島行貨物列車が来るはずですが…やはり来ませんでした。
発駅(東京)基準で休日だからですかね。

キハ20が戻ってくるまで、歩道橋で撮り鉄して時間をつぶします。
IMG_7176s.jpg IMG_7179s.jpg
山陽本線、伯備線とも朝のラッシュ時で比較的本数の多い時間帯、続々と列車がやって来るので飽きることはありません。
それにしても、まるで国鉄近郊型電車の見本市の様相を呈しています。

JR西日本と言えば、怪しい改造先頭車。
IMG_7181s.jpg
黄色く塗られたその姿は、103系ワイドボディと言われても全く不思議ではありません。

先程下って行ったキハ20が戻ってきました。
IMG_7184s.jpg

この折り返しの列車に乗ります。
IMG_7186s.jpg
国鉄色に塗られたキハ203は元国鉄キハ20-318で昭和35年日本車輌製、外観・内装ともにトイレが撤去された以外はほぼ国鉄時代のまま。
列車は、乗客の約半数が高校生で、残りは通勤と思われる用務客、ざっと見て座席定員の7割くらいの乗車率ですので地方の私鉄路線としては悪くないのではないでしょうか。

列車が行き違う弥生駅のひとつ前、浦田で下車。
IMG_7191s.jpg IMG_7193s.jpg
幹線道路と住宅地に挟まれた、片面ホームの小さな駅です。

倉敷市行、MRT300形に乗って戻ります。
IMG_7197s.jpg
こちらは上り列車ということもあってか、座席はほぼ埋まり、立ち客も数人いるほどの乗車率。

倉敷市へ戻ってきました。
IMG_7200s.jpg
ここから、乗車中に目星をつけていた撮影ポイントへ移動します。

これはJRと水島臨海鉄道の連絡線。
IMG_7203s.jpg
貨物列車はこのポイントを渡ってくるようなのですが、いまだに見ることができず…。

駅から歩いて10分ほどの直線区間。
IMG_7211s.jpg
上り列車はオーソドックスに。

IMG_7214s.jpg
下り列車はサイド気味に狙ってみました。

同じ場所で山陽本線も撮影できます。
IMG_7219s_20110601000418.jpg
ヘンな顔のヤツが来ました。

物流の大動脈だけあって、貨物列車も頻繁にやってきます。
IMG_7220s.jpg

さて、次に撮りたい列車の時刻まではまだしばらく時間があります。
この時間を利用して、倉敷市内を観光しましょう。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/562-277d1576
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)