のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

18きっぷで西へ! 2011夏の陣5日目前編
8月20日、長かった旅行も遂に迎えた最終日。
ホテルを出ると、晴れ間が見えているものの小雨がぱらついています。
IMG_9225s.jpg
その後、雨がやんだので折り畳み傘ごと荷物を駅のコインロッカーに預けます。
しかし、この行為が後々に禍根を残すことになるとは、この時にはまだ知る由もないのです。
鹿児島中央駅から郡元行きに乗車。
IMG_9234s.jpg

車内で一日乗車券を購入します。
IMG_9424s.jpg
こちらは市電、市バス、そして各観光地を巡るカゴシマシティビューの3種に乗り放題となります。

そして、この券も日付設定はスクラッチ式。
IMG_9425s_20110828192439.jpg
ちゃんと削れました。

電車に揺られていると、外は再び雨模様…。
早くも傘を置いてきたことを後悔し始めます。

郡元で下車し、1系統谷山行きに乗り換え。
IMG_9239s.jpg
リトルダンサーシリーズの1000型がやってきました。

涙橋から先は専用軌道となり、郊外電車の雰囲気を醸し出してきます。
そして、外は土砂降りに…。完全に読み違いました。

それでも電車に乗っていれば大丈夫、と言うわけで終点谷山に到着です。
IMG_9249s.jpg
雨の弱くなった隙を突いて、駅舎外観を撮影。
かわいらしい駅です。

谷山を名乗るものの、JR谷山駅とは離れており、バス停も「谷山電停」「谷山駅前」と区別されています。

折り返し電車に乗って、南鹿児島駅前で降ります。
こちらはその名の通り、JRの同駅にぴったり寄り添うように位置しています。

先にも書きましたが、この区間は専用軌道なので郊外電車の雰囲気。
IMG_9253s_20110828195757.jpg
また雨が降ってきてしまいました。

再び電車に乗ります。
しばらくすると雨も次第にやんできて、交通局前に着いたときはすっかり雨も上がっていました。
ちょうど、谷山方面ホームに交通局前の方向幕を掲げた600形602が停車中でした。
IMG_9263s.jpg
入庫シーンを捉えました。

車庫内には600形、500形ばかりが大量に留置されていました。
IMG_9268s.jpg
車庫周辺をウロウロしていたら空も次第に晴れてきました。
何とか持ち直したようです。
IMG_9286s.jpg
谷元から南鹿児島へ向かう途中に500形とすれ違ったので、それを撮るべく周辺で待ちながら撮影します。

車庫内で観光電車として仕立てられていた7000形7004が出庫してきました。
IMG_9291s.jpg

しかし、いつまで経っても500形がやってきません。
さすがに待ちきれなくて鹿児島駅方面の電車に乗りました。
すると、高見馬場付近で交通局前の行先を掲げた500形とすれ違い…。

結局そのまま鹿児島駅前まで乗り通しました。
IMG_9305s.jpg
ここは3線の櫛型ホームになっていて、1系統、2系統が交互に発着していました。

JR鹿児島駅はすぐ隣。
IMG_9306s.jpg
市役所や旧県庁などの行政機関はこの鹿児島駅が最寄になりますが(県庁は移転)、列車の運行上の拠点は中央駅に移され、新幹線開業も合わさって今では1ローカル駅の様相を呈しています。

駅の奥には500形501が回送表示で停車していました。
IMG_9316s.jpg
パンタグラフは上がっていますし、ラッシュ時に再び動き始めるのかもしれないです。

しばらく鹿児島駅前で撮影し、次は沿線で見かけた気になる建造物を見に行くことにしましょう。
観光案内の冊子、市電の案内項目にちょっとだけ写真がのっているクラシカルな建物。
IMG_9324s.jpg
昭和12年築の鹿児島市役所本庁舎、戦前の庁舎建築の一般的な姿です。
山形屋や、同じ通りにある南日本銀行などと共に、路面電車の似合う街並みを形成しています。

そして市役所のすぐ近く、市電の車窓からチラッと見えた建物に行ってみます。
IMG_9339s.jpg
県政記念館、旧鹿児島県庁舎のエントランス部分だけを残して保存された建物で、内部は文字通り県政に関する資料が展示されています。
大正14年築のネオルネサンス様式、本来はロの字形に建物が配置されていました。

県政記念館のはす向かい、鶴丸城跡の石垣。
IMG_9351s.jpg
シンプルな構造ですが、これは「薩摩は人をもって城となす」と言う思想によるものだそうです。

ここで、怪しくなってきた雲行きが再び雨を降らします。
初め小雨だったのが、急に強くなり、この鶴丸城址に建てられてる歴史資料館「黎明館」でしばしの雨宿りをすることに。
IMG_9364s.jpg
ロビーに入るだけなら無料で、しかも企画展示を行っていたので雨の様子を見ながらの時間つぶし。
しばらくして、ちょっと雨脚が弱まった頃を見計らい外に出ましたが、交差点一本渡ったところで再び降られ街路樹の下で再び雨宿り。
ほんの数百メートルの電停が遠いです。

再び雨が弱くなったので市役所前電停まで、何とかたどり着きました。
しかし頭も服も大分濡れてしまいました。
電車の冷房がもはや寒く感じます…。
一旦駅へ戻ってロッカーから傘を取り出すか迷ったんですが、晴れてきているので何とかなるかと思ってしまって、直接次の目的地へ。

そして、電車で郡元へ。
IMG_9368s_20110828223630.jpg
とりあえず雨は止んでいます。
が、この写真を撮った直後再び振り出し、あっという間に土砂降りに。
IMG_9374s.jpg
歩道橋の階段の下に急いで退避。
なんか全ての判断が裏目…。

雨が上がったのを見て移動開始。
徒歩10分強の現県庁舎を目指します。
空を見ると今はぽっかりと雨雲がないのですが、すごいスピードで雲が流れているので再び降り出すのも時間の問題というところです。
県庁が見えてきました。
IMG_9379s.jpg
しかし、最後の交差点の前で再び降られます。
もう後はダッシュで駆け抜けるのみ!

現県庁舎は1996年に使用開始された新しい建物、鹿児島県内で最も高いビルでもあります。
その18階に無料で入れる展望ロビーがあります。
IMG_9382s.jpg
桜島方面の眺め。
雲に覆われて桜島の姿はほとんど見えず。

IMG_9385s.jpg
市内中心方面を望む。
綺麗でいい街です。天気に恵まれなかったのがなんとも残念。

県庁を辞すると雨はすっかり上がっていました。
結局この後は雨に降られることはなくなりました。
タイミングが悪かったと言うことですね…。

県庁前から中央駅まで市バスで戻り、駅前で昼食を食べました。
時間は14時を回って、そろそろ帰る時間を気にしないといけない頃ですが、もうちょっとだけ市電を見てから帰りましょう。

(つづく)
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/597-9111a9d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2011/09/18 08:22】