のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

18きっぷで西へ! 2011夏の陣 5日目後編
ムーンライトながらから始まったこの旅行も遂に最終章です。

鹿児島中央駅前で昼食をとり、コインロッカーの荷物を取り出します。
時計を見れば14時30分になろうかと言うところ。
もうちょっとだけ市電を見て帰ろうと駅から出ます。
電停の方に近づいていくと、全面広告をまとった600形615の姿が見えました。
駆け足で電停まで行きますと、電車の中はほぼ満員、電停は次の電車を待とうという人たちと、乗ろうとしている人たちで混乱しています。
土曜の午後と言うことで新幹線で鹿児島に到着した人たちが多いのでしょうか。
何とか乗り込めました。

やっと念願の旧型車に乗車する機会を得ました。
短い距離ですが、天文館通で下車。
IMG_9390s.jpg
2つの系統が合流するところですが、人も車も多すぎて電車の撮影には向いていないようです。

撮影しながらいづろ通方面へ。
IMG_9398s.jpg
画像の車両、PCに取り込んでから気づいたのですが、青地に鹿児島駅前の表示ですが系統も経由地も書いてありません。
交通局前からの出庫運用?

明るい時間帯の山形屋も記録しておこうと歩いていたら前から500形507の姿が。
IMG_9403s.jpg
山形屋はなくならないだろうけど500形はいつなくなるか分からない、となればこの乗車機会を逃す手はありません。

IMG_9406s.jpg
高見馬場まで乗車しました。

そろそろ時間、中央駅まで帰ります。
IMG_9421s.jpg
2120形、近代的デザインの車両が多い鹿児島市電の中でも随一のスマートさ。
標準塗装も似合いますが、各種広告塗装車の塗りわけもいいセンスをしていると思います。

中央駅に戻ってきました。
IMG_9423s.jpg
右の9515、青地方向幕で系統番号なしの鹿児島駅前行きです。
ひょっとして谷元から中央駅経由?だとすると昨日の500形の動きも説明できます。


さあ、いよいよ帰路につく事にします。
バスターミナルで、とあるバスを待ちます。
10分ほど待ってやってきたバスに、私を含め多くの人が乗り込みます。
ほぼ満席でバスは発車していきました。

バスは混雑する市内の道路を抜けると、鹿児島北ICから九州自動車道へ。
そして走ること45分ほど。
IMG_9436s.jpg
バスは霧島市にある鹿児島空港へと到着。
時刻表では所要時間40分とあったのでほぼ遅れずに着いたと言えるでしょう。

チェックインカウンターの自動発券機で搭乗券を発券。
IMG_9441s.jpg

予約も座席指定も振り込みも全てインターネットで行え、発券機にクレジットカードを投入して2~3回ボタンをたたくだけ。
JRのそれに比べると、なんと簡単なことか。
航空会社が進んでいるのか、否、JR各社が遅れているのでしょう。
今まで毎回毎回緑の窓口で手書きで希望列車を書き込んでいた身からすると、このお手軽感は素晴らしい。

そんなわけでスカイマークSKY306便、鹿児島発羽田行き、料金は\24800也。
普通鉄道ファンなら開業したばかりの九州新幹線じゃないのか?突っ込まれそうですが、新幹線が博多ないし新大阪での乗り継ぎで料金\30050(繁忙期)、所要時間が乗り継ぎ時間を含めると約7時間ってことを考えると残念ながら選択肢としては辛いです。

空港までのアクセスがバスと言うことで不確定要素も含め早めに市内を出ましたが、もう少し遅らせても大丈夫なようでした。
ターミナルビルでお土産を物色したり、展望デッキで時間をつぶします。
そして手荷物検査を通り、搭乗口へ。

ここでもしばらく待たされましたがいよいよ搭乗開始。
IMG_9445s.jpg
ボーイング737-800、機体番号JA73NA、この旅行最後のエスコート役です。

ちなみに、何故スカイマークかって言うとですね、なにより昨年まで神戸グリーンスタジアムのネーミングライツで球場名になっていたことが大きいですね。
今日生まれて初めて飛行機に乗る航空オンチな私でもスカイマーク=格安と言うことを知っていたのは、そのことが大きいと思います。
便名もいいじゃないですか、「SKY306」。オリックスバファローズの球団応援歌「SKY」を彷彿とさせます。
そしてもう一つ、折角18きっぷで安く鹿児島まで来たのですからなるべく安い手段で帰りたいではないですか。
だがしかし、飛行機に乗ってしまうと廃止されたブルートレイン達に申し訳がないな、とだけは思ってしまいます。

定刻の17時40分からちょっと遅れたと思いますが、いよいよ離陸、期待はゆっくりと滑走路に進入します。
右手にターミナルビル、刹那、一気に加速したかと思うとジェットコースターのような尻が浮くような感覚と共に地面がだんだん離れていきます。
上空に舞い上がった機体は旋回しながら上昇、眼下には緑の山々が。
上昇を続ける機体は雲を突き抜け成層圏へ。
IMG_9447s_20110829004923.jpg
この後は雲が流れ、次第に陽が傾いていくのを眺めながらのフライト。
携帯が使えないので窓の外を撮影してカメラの撮影時刻で時間を確認します。

そして空が闇に包まれた頃、気体が下降を始めます。
雲を抜けると眼下には街の明かりが。
あれは三浦半島?それとも…。

さらに進んだところでアクアラインの存在を確認でき、今まで見ていた陸地は房総半島であったことを確認します。
気圧の変化で耳がめちゃくちゃ痛いのですが、そんなことはお構いなしに機体は高度を下げて行きます。
海ほたるが見え、アクアラインが海にもぐり、先には東京の夜景が。
羽田空港の滑走路の各色のライトが見えたと思ったらそのまま着陸。
到着は時間通り19時20分。昨日までの旅程に比べたらあっという間の出来事でした。
IMG_9454s.jpg


空港に着いたものの方向感覚が良く分からなくなっています。
とりあえず京急の乗り場は確認しましたが、楽に帰りたいと思い、和光市行きのリムジンバス乗り場へ。
これが到着したところからビルの反対側で随分と歩きました。
直近の出発は19:55発なのですが既に満席、次のバスは1時間後なので結局京急で帰ることにしました。
そして、品川で乗り換えた山手線で一気に現実世界に戻らされる気分になりました。

楽しくて、本当にあっという間の5日間でした。
来年以降もこんな旅行ができればいいのですけど。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

まとめ読みしました(笑)

鹿児島まで18切符の旅っすか・・
まだまだ若いですね~

画像拝見していて富士と18きっぷを併用して九州一周した当時の記憶が蘇りました。

もう九州も457や417は居ないんですね・・
つい最近まで走り回っていたのに。。
【2011/09/06 09:15】 URL | ライヲンズまにあ #- [ 編集]


ラオヲンズまにあさん、こんばんは。
移動日を3回に分けたのでそれほど大変でもなかったです。
417系は元々九州にいなかったので717系のことだと思いますが、日豊本線ですれ違いましたよ。
【2011/09/06 22:31】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/598-54f79da1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)