のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょうもない事件簿
今年もパリーグ全日程が終了し、順位も確定しました。
ソフトバンクホークスが圧倒的な強さで優勝、日ハムは置いといて、埼玉西武ライオンズとオリックスバファローズがハゲしい3位争いの末、わずか1毛差という僅差での順位決定となりました。
1毛、わずか髪の毛1本の差(ナベQとどんでんの頭髪の差ではと巷で噂されているとかいないとか)。
その最終試合の日程も10月18日と、あの伝説の10.19に近いシチュエーションに感慨もひとしおと言うものです。

これが普段のペナントレースであれば、猛追し最後に追い抜いたライオンズの健闘を賞賛も出来ようと言うものですが、今年に限ってはそうは行きません。
ことの発端は7月11日に西武ドームで行われたオリックス対西武10回戦。
試合は初回から先発木佐貫が5失点とぶち壊し、打つほうもライオンズ先発岸に1点に抑えられると言う、バファローズファン的には面白くともなんともない展開でした。
事件は2番手ピッチャー高宮の2イニングス目6回裏、2本のタイムリーを浴び迎えるは3番中島、コントロールが定まらずワンボールとなったところで福間ピッチングコーチがマウンドに向かいます。
一息入れたところで投じたボールは中島の左肩に直撃。
帽子を取る高宮、睨み付けつつマウンドにゆっくり向かう中島、悪いのは高宮ですよ、これは私も分かってます。
ただしこの中島の態度にオリックス山田バッテリーコーチが飛び出し、そこから両軍入り乱れての乱闘劇になるわけです。
参考動画
http://www.youtube.com/watch?v=8SCVF2ReZJo

で、この試合後に中島が答えたインタビューがこの記事
西武・中島、オリは「しょうもないチーム」
http://www.daily.co.jp/baseball/2011/07/12/0004263059.shtml(デイリースポーツオンライン2011.7.12)

はぁ?何言ってんのこのクゾガキが!
どっちがしょうもないチームかデータを持って教えて差し上げよう。

12球団チーム別与死球ランキング(10月23日現在)
1 西武 74
2 ヤクルト 63
3 日本ハム 62
4 オリックス 61
4 広島 61
以下略
参考サイト:プロ野球データFreak
http://baseball-data.com/

ライオンズさんダントツトップですよ馬鹿野郎。
あと俺は2009年に星野から受けた死球でローズが壊された恨みは忘れてないですよ。
他のチームの話ですが当時日ハムの高橋信二が頭部死球でそのシーズン棒に振り、あまつさえ巨人にトレードとなったその元凶になったのもライオンズ様です。
10月17日、バファローズは試合がなく、ライオンズ対マリーンズの試合のみが行われていたその日、ライオンズ負けでバファローズ3位が決定するので文化放送のネットラジオで中継を聴いていました。
6回裏、先発帆足はバッター清田に対して死球を与えますが、帆足は帽子を取って誤ると言う行為をしなかったそうではないですか!
ライオンズびいきの斉藤一美アナですら苦言を呈していましたよ。
ちなみに清田が食らった死球はこの日2個目ですよ。本当に腐ったチームですね。

90年代前半、西武ライオンズは本当に強くて、毎年悔しい思いをしていました。
強すぎて本当にムカついてましたが、いつかこの常勝西武を破って優勝を見たいと思っていました。
その夢は95年に叶い、その後はダイエーの台頭もあってパリーグのパワーバランスは変わっていきます。
それでも長らくAクラスを死守しライバルとして認めていたあの頃の西武はもう今はいないのですね。
ナベQ、デーブ体制になった頃からやたらとガラが悪くなったと思います。

そういうわけで、今年はなんとしてもライオンズより上の順位に行って欲しかった。
「しょうもないチーム」より下にいることをあざけ笑いたかったのです。

この記事も敗戦1週間が経って、気分が落ち着いてきたからやっと書けました。
最後の直接対決3戦目、サヨナラ負けを喫して帰宅してから書き込んだ「西武消滅しろ」は偽らざる本心です。
これでも、ライオンズと言うチームに対しての憎しみは大分薄れました。
しかし中島裕之個人に対する憎しみは、本人が謝罪の言葉を発するまで(ないでしょうが)一生消えません。
呪い続けます。

こんなくだらない文章を最後まで読んでいただきありがとうございました。
スポンサーサイト

テーマ:オリックスバファローズ - ジャンル:スポーツ

この記事に対するコメント

こんばんは。

波平さんは、あの毛をとても大切にしているそうです。
やっぱり、毛1本も大切なんですね。

って、何のハナシだよ。。。
【2011/10/26 23:53】 URL | gino-1 #EBUSheBA [ 編集]


gono-1さん、こんばんは。
本当に毛は1本でも2本でも大切にしなければいけないんだなと痛感いたしました。
【2011/11/05 23:08】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/613-4db63104
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます 【2011/11/07 07:47】

-

管理人の承認後に表示されます 【2012/05/07 15:06】

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。