のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リバイバルカラーの嚆矢
先日プリンター、スキャナー複合機を新調しました。
これは、以前使っていたプリンターがWINDOWS7に対応していないのと、スキャナが壊れたためで、年賀状シーズンを前にして嫁からの要望もあり実現したものです。

とりあえず、スキャナーの習熟の意味もかねて、昔のプリントを数枚取り込んでみました。
IMG_0007s.jpg
1994.10.15 京成船橋にて

グレーベースに赤青帯への塗装変更が進むさなか、改軌35周年記念列車として赤電塗装が復活した3050形3062Fです。
最近ではJR、民鉄各社において旧塗装への復元は一般化したといえますが、90年代前半においてはその事例はなく、それより遡ること88年にやはり京成が2100形引退に際し青電塗装を復活させた事例があるのみです。
そのような意味では京成こそがリバイバルカラーの先鞭をつけたといっても過言ではないでしょう。

地上時代の京成船橋も懐かしいです。
当時は高架工事たけなわ…とは言い難く、工事の進捗は牛歩のごとくといった感じでした。
車体への影の当たり方から午前10~11時頃の撮影でしょうか。
この日は土曜日で大学の授業があったはずで、この列車が運転されているかもと言う期待の元にカメラ持参で通学したものと思われます。

IMG_0009s_20111026233939.jpg
1994.10.15 京成高砂にて

講義が終わってから高砂まで出向いたのか、あるいはサボってきたのか、今となっては記憶が定かではありませんが、定番撮影地高砂にも足を運んでいます。
当時京成は塗装変更のさなかで現行塗装、ファイアオレンジ、そしてリバイバル赤電の3種が入り乱れ、当然乗り入れ各社の電車たちがさらに花を添えていました。

そんな中でも変り種がこちら
IMG_0008s.jpg
1994.10.15 京成高砂にて

千葉急行電鉄へのリース車3050形3074F。
赤系統の塗色の車両が多かった京成沿線において青い車体はインパクト絶大でした。
押上~金町間の区間運転も懐かしいです。
そういえば金町線ホームが独立した現在の京成高砂駅には未だ足を運んでいません。
最近の京成の動向にも疎くなってきましたし、久しぶりに足を向けるのもいいかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/614-1e4a3805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)