のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

春が来る前に
春が来る前に もう一度あさぎりに ちゃんと乗りたい

前回の予告通り、昨日2月25日に特急「あさぎり」を利用した静岡プチ乗り鉄に行ってきました。
天気は朝から雨、しかし台風も大雪も今のところ来る気配は無いので地震さえ来なければ「あさぎり」は運転されそうです。地下鉄を乗り継いで新宿駅へ。

小田急新宿駅には列車出発の40分前くらいに着いてしまいました。
しかし早起きは三文の徳、直後に5・6番線に滑り込んできたのは最後の1本となった5000系5063F。
IMG_0533s.jpg
沿線でも最後の1本と言うことが認知されているようで、非鉄の人までもが携帯で撮影していました。
ちょうど東武8111F引退のころに状況が似ているようです。
前面帯のブランドマークが消されて「いい顔」になりましたね。
小田急顔の掉尾を飾る車両として最終日までトラブルなく運用につけることを祈って止みません。

そして、所定より若干遅れて折り返し私が乗る「あさぎり3号」となる「あさぎり2号」が3・4番線に進入してきます。
IMG_0542s.jpg
こちらの方は流石の人気で5000系よりも多くの撮影者で賑わいます。

IMG_0546s.jpg
カラーリングに好対照を見せるVSEと数分の逢瀬。

そしてVSE「スーパーはこね13号」が去った1・2番線にRSEによる「はこね2号」が入線。
IMG_0560s.jpg
そして新宿駅には「あさぎり」用として誕生した2型式がわずか数分ですが並ぶことになります。
IMG_0566s.jpg
共に今春のダイヤ改正で運用を失う両者、21年と言う歳月は鉄道車両としては決して長くないです。
出発までのしばしの休息に語らう両者、その胸に去来するものは何か。

撮影に熱中していたので発車間際に売店でお茶だけ買って列車に乗り込みました。
発車案内には「空席あり」の表示がなされていた「あさぎり3号」ですが、私の乗った5号車はほぼ満席で新宿を出発しました。
町田、本厚木と多少の降車がありましたが車内の混雑はそれほど変わらず、私と同じようにお名残乗車目的の人が大多数と言う雰囲気でした。

途中足柄にて
IMG_0575s.jpg
試運転中のMSEとすれ違いました。
なぜ「あさぎり」の後継者に彼が選ばれたかは判りませんが…今回退役する2型式に比べるとそれほどの魅力を感じないですね。乗ったことないけど。

「あさぎり3号」は小田急線内での数分の遅れを引きずりながらも御殿場線内を駆け抜けます。
ここでもう一つのジンクスを思い出します。
私が静岡県内にいる日はたいてい曇りか雨で富士山が見えないのです。
IMG_0577s.jpg
おそらく富士山が見えるであろう車窓風景。
どんより厚い雲に覆われて何も見えません。
私も数十回(数百回?)静岡県に立ち入りましたが、確実に富士山を見た記憶は中学の修学旅行、京都行きの新幹線車内のみ。あと数回は新幹線車内で見ているはずですが本当にそれだけです。
笑っちゃうことに、行先が神奈川(箱根とか湯河原)だと見えるんですよね、凄く綺麗に。

約2時間の旅路を無事に終え、「あさぎり3号」沼津に到着です。
IMG_0580s.jpg
5年前の台風の日から付きまとったジンクスもこれで払拭できたでしょうか?
駅撮りとはいえこうやって綺麗に編成写真を撮るのも実は初めて。
371系は好きな車両で鉄道模型(Nゲージ)もプラレールも持っているにもかかわらず、です。
なぜかって言われても分からないんですが、まず小田急が行動エリア的に縁遠いのと、371系の運用が限られているから、なんでしょう。

編成中間で存在感を放つ2両のダブルデッカー。
IMG_0584s.jpg
かつて2階建て車両と言えば憧れの対象としての特別な空間があったはずです。
かつては近鉄ビスタカーが唯一の存在として三代に亘り栄華を築き、後の世になり新幹線100系ではグリーン車、食堂車として2階席の眺望を、階下は厨房やカフェテリアとして有効に使われていました。
この371系の2階建て車両サロハ371形もそのよき時代の車両と言えるでしょう。
1階席は眺望に劣る分、普通席だけどちょっと贅沢な仕様というのがお約束で、このサロハ371については、グリーン車と同じシートピッチと2+1配置でゆとりの空間になっています。

その2階建て車両いうものが最近ではすっかり鳴りを潜め、今猛威を振るっているのは新幹線E4系MAXや近郊型グリーン車ばかり。
これらはいずれもより多くの乗客を乗せるためのもので、そこにかつての憧れは感じられないです。

ひとしきり撮影を終えると列車は回送で出発していきました。
私は駅のホームの立ち食いそばで天ぷらそば(¥320)をかきこみ、東海道線の下り列車に乗り込みました。

やってきたのは吉原。
IMG_0593s.jpg
DE10がせっせと貨物列車の入れ替えに勤しんでいました。

岳南鉄道のホームに2両の8000形が到着、
IMG_0602s.jpg

その数分後、ED402牽引の貨物列車が到着しました。
IMG_0605s.jpg

ED402は貨車を切り放すと3度の方向転換を経て引込み線へ。
IMG_0613s.jpg

そして、DE402が残していった貨車の隣にDE10が並べ替えた貨車を推進運転で押し込みます。
IMG_0617s.jpg
最近ではすっかり聞かれなくなった2軸貨車のジョイント音も相まって飽きること無い展開が続きます。

しかし、岳鉄に乗るのが目的で来たのでここに張り付いているわけにも行きません。
IMG_0621s.jpg
乗り換え通路から岳鉄吉原駅舎へ。
一日乗車券を購入します。
IMG_0620s.jpg
この一日乗車券、たった400円!吉原から1駅目、ジャトコ前までの運賃が200円なので1区間の往復だけで元が取れる異常なまでにお得な価格設定です。

駅では何かイベントがあるらしく、妙に多くの人で溢れているし出店も出ています。

ホーム先端から先程の貨車と電機を見ると
IMG_0626s.jpg
よく見るとパンタを下ろしてますね。今日のお仕事は終了のようです。
私はPCに写真を取り込むまでこれに気付かず、入れ替えた貨車を引っ張って戻ってくるもんだと思って比奈でしばらく待っていました。

しばらくしてやってきたのは単行の7000形。
IMG_0631s.jpg
前パンも凛々しいです。
以前からこの岳鉄に譲渡された元京王3000系の顔に違和感があったのですが、なるほど前面窓下の方向幕がないのですね。標識灯の形状なんかもそうなんですがやはり最大のポイントは方向幕だと思います。

クラシカルなED501の姿を見つけて比奈駅で途中下車。
IMG_0635s_20120226193329.jpg IMG_0637s.jpg
この駅でもイベントがあるのかやたら多くの人がいます。
IMG_0642s.jpg

ここでさようなら貨物列車記念硬券集(\1500)を購入。
さすがに存続に揺れる鉄道に乗りに来て\400しか落とさないのはどうかと思ったもので…。

ここで来ない貨物列車を1時間ほど待つわけですが、その間に先程吉原にいた団体客を乗せた臨時列車がやってきました。
IMG_0651s.jpg

さらにこの比奈駅にいた大勢が多数乗り込んだ臨時列車が吉原方面へ出発。
IMG_0656s.jpg

2両編成の団体列車のほうは「がんばろう ふくしま!!」号という企画だったようですが、比奈駅で何があったのかはよく分かりません…。

ここに来るまでの車内に興味深いポスターが掲示してありました。
IMG_0669s.jpg
これはあとで駅のものを撮影したものですが、「(気まぐれ)機関車乗車体験」とあります。
なんと\1500払えばED501に乗車できると言うもの。これはちょっと…いやかなり楽しそう。

すると、人並みの去った比奈駅構内でなにやら説明会のようなものが始まっています。
すでに受付済みだったと思われる人たちが乗車体験の説明を聞いているのでした。
そしてグループごとに乗車。
IMG_0659s.jpg
これはうらやましいぞ!

吊り掛け駆動の重々しいサウンドを響かせゆっくりと機関車は加速していきます。
IMG_0662s.jpg
ほんの数十メートルの往復ですが、動いてるED501が見れたので来た甲斐がありました。
で、これをやっていると言うことは貨物の入れ替えはやらないんですね。

というわけで次の電車でまた移動です。
IMG_0672s_20120226195656.jpg

終点、岳南江尾に到着。
IMG_0673s_20120226195742.jpg
立派な駅舎を持つ同駅ですが無人駅です。

先程のイベント列車の乗客で降りたときは賑わっていた同駅ですが、入れ替わりで出発していったのですぐに静かな本来の姿に戻りました。
IMG_0676s.jpg
とりあえず全線制覇、これでいつなくなってもいい…いや良くない!
地元の皆さん頑張って乗ってあげてください。こればっかりは余所者にはどうすることもできませんので。

このあと、ジャトコ前で降りてまたしても来ない貨物を待つのですが来ないものは来ないので諦めて吉原へ戻ります。
IMG_0686s.jpg
再び東海道を下ります。

たどり着いたのは清水。
IMG_0689s.jpg
次郎長、まるこ、エスパルス。単独でもそれなりに全国に名を馳せる清水ですが、今は静岡市の一部、清水区になっています。

JR清水駅から歩いて10分弱、静岡鉄道新清水駅に到着です。
IMG_0691s.jpg
首都圏の鉄道にも劣らない高頻度運転でがんばる静鉄、今回初めての乗車です。

静鉄1000系。
IMG_0698s_20120226200945.jpg
GMキット東急7000系のオマケパーツとして我々世代の模型鉄ではかなり知名度の高い車両ではないでしょうか。
もちろんそのキットから作るのは至難の業と言う曰く付きで。

東海道線とほぼ並行する路線ですが、沿線人口の多さも相まって乗車率は高いです。
ぴったり併走する区間ではあたかも複々線の緩行線と快速線の様相を呈しています。
こまめに停車し多くの乗客を拾い終点新静岡まで21分のショートトリップ。
IMG_0701s.jpg
静岡には8年前に知り合いの結婚式で来たとき以来。(そのときは車でしたが。)
新静岡のターミナルビルが全く別物に変わってて驚きました。

すっかり暗くなってしまいましたが、静岡に来たら是非とも行きたかった場所があるので歩いて目指します。
ところが新静岡駅に周辺地図がなく、勘を頼りに歩きました。
途中、街中に周辺地図があったので事なきを得ました。

そしてたどり着いたのがここ。
IMG_0712s.jpg IMG_0709s.jpg
静岡県庁舎本館。1937年竣工のクラシカルな佇まい。
ああ、明るい日の本でその姿を見たかった…。

そして県庁の真向かいにこれまた際立つ存在感の建物が。
IMG_0718s.jpg
静岡市役所本館、1934年竣工で県庁よりさらに古いです。
まるでキリスト教会の鐘つき堂のような大仰な塔屋が目を引きます。

やはり古き良きレトロ県庁はいいですな。
(とか言いつつレトロ県庁の大御所神奈川県庁は行ったことあるけど撮影はまだなんですよね…)

すっかり暗くなって、行くところもなくなったので、JR静岡駅に向かいます。
IMG_0722s_20120226204540.jpg
乗車予定の列車まではまだ1時間以上あったので、土産物屋を物色したり本屋に行ったりしましたがそれも飽きたのでホームに上がりました。
ホームのベンチに座りながら電車を眺めていたほうがまだ暇つぶしにはなりました。
車種的には面白味に欠けるんですけどね。それでもたまに貨物列車も来ますし。

そして19時15分頃、その乗車列車が東静岡方より入線してきます。
IMG_0738s.jpg
4灯のライトも眩しい373系、そう今度のダイヤ改正でいよいよ消滅する東京直通338Mです。

IMG_0742s.jpg
373系が定期で9連を組むのもこれが最後になるのでしょうか?
18キッパー御用達列車として名を馳せる321M/338Mですが、321Mに関しては鎌ヶ谷時代も現在も始発に乗っても東京出発の5:20に間に合わないので全く縁の無い存在でした。
片や338Mはというと…これも初乗車。
思えば373系への乗車自体、1997年の京都行き(主目的は京津線の撮影・乗車)以来、2度目と言う少なさ。
私の旅行スタイルが、ワイド周遊券で現地の特急乗りまくり、というのが多かったせいもあります。

それはさておき、列車はすっかり暗くなった静岡をそのインバーター変調音も軽やかに出発します。
せっかくのクロスシート、折角の大窓も夜の闇の前には何の役にも立たず、夕飯(特製鯛めし\760)を食べた後はウトウト…。
それでもグッスリとはいかず、覚めたりウトウトしたりの繰り返し。
そのうちお尻が痛くなってきました。
「あさぎり」371系の座席は2時間座りっぱなしでもぜんぜん平気だったのに、373系の座席は微妙にクッションがヘタっているのかそれともそういう設計なのか…。
車内は熱海を境に混み始め、気軽に立つ訳にもいかなくなってきました。うん、ツライ。

途中国府津で湘南新宿ラインに逃げようかとも考えましたが、「東京行き」であることを尊重して乗り通すと決めた以上、それも憚られ、我慢すること3時間12分。
IMG_0746s.jpg
着いた!この東京駅の駅名票と絡めて373系を撮りたかったがためにここまでやって来れました。

偶然かそれとも必然か、時を同じくして東京都心から姿を消すJR東海の在来線特急形車両。
こういうイレギュラーな存在がなくなると、首都圏の鉄道がまたつまらなくなってしまうなと感じてしまうのでした。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

こんばんは。いい旅をされましたね。

>373系の座席は
仕様です。「ながら」乗車時の明け方にケツがジンジンと痛む感覚も、今となっては懐かしく思えます。
何にせよ長時間向きのシートではなかったですが、「ながら」の移動効率の良さが全てをチャラにしていましたねw
【2012/02/26 23:35】 URL | AR-2 #SFo5/nok [ 編集]

Re:
AR-2さん、こんばんは。
>仕様
やはりそうですか・・・。
実のところ、この尻の痛みのせいであまりいい思い出として昇華されない旅行になってしまいました。
【2012/02/27 20:09】 URL | のび鉄 #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/652-b2419365
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)