のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

酒の席でのエトセトラ
昨日は退勤時に某氏からのお誘いを受け新橋へ。
しかし、いつも行っている某居酒屋チェーンが満席だったため、久しぶりに別の立ち呑み屋での会席となりました。
その呑み屋ではセ・リーグクライマックスシリーズジャイアンツvsドラゴンズ線のTV中継を放映していたのですが、私は途中までそれに気がつかなかったのです。
と言うのも、私のいた場所がTVの真下だったから…。
音声だけは聞こえていて、ラジオでも流しているのかと思っていたのでした。
TVの存在に気付いてからは試合展開の虜に。たしか8回裏、4-4の同点と言う場面だったでしょうか。
いや~、ホントにオリックスの勝敗が絡まない野球の試合は楽しく見ることが出来ますね。


そんな酒席上で展開した話をいくつか。

その1
先日乗車したいすみ鉄道、キハ52に続いてキハ28も輿入れして、いち気動車ファンとしてますます魅力が増したとも言えます。
現在、観光急行列車は大多喜~大原間での運転ですが、いずれ上総中野までの延長を見据えているというのはいすみ鉄道の社長ブログからも窺えます。
そして、上総中野でつながる小湊鉄道へ乗り入れ、五井~大原間の直通列車を走らせるという構想も持っているようです。(これについてwikipedia以外のソースを発見できませんでした。)
私は、上総中野への延長は歓迎しますが、五井直通についてはすべきで無いと思っています。
というのも、より都心に近い五井から乗車できるとなれば、わざわざ遠い大原まで行く乗客はあまりいないのではないかと思うのです。
極端な話、直通列車の需要を求めているのは乗りつぶし目的の鉄道ファンだけだと思うので、一般のライト名レールファンの場合、ノスタルジックな昭和のキハに乗るだけなら折り返し列車の多い上総牛久までか景色のいい養老渓谷までで十分になってしまうのです。
先日の小湊鉄道に乗車した際は養老渓谷からの乗客がかなりあった事を踏まえても、同駅への観光目的で急行列車が利用されてしまう事態も想像できます。
となればいすみ側へはお金がほとんど落ちてこない。
私は、「キハ52、28に乗れるのはいすみ鉄道だけ」という状態をいつまでもキープし続けることが最善だと思っています。

その2
どういう展開で話が名鉄に移ったのか、全く謎だったのですが、某氏曰く
「今の名鉄には全く見るべきモノがない!」
と口角泡を飛ばすので私は反論したわけです。
「5700系があるじゃないか!」
と。
すると某氏
「あんな似非パノラマのどこがいいのか」
と、取り付く島も無い状態。
某氏とは生年が1年しか違わない同じ中年鉄道オタクですが、大まかなところでの好みは似通っているんですが細かいところでは意見の相違が多いことに驚くとともに鉄道趣味の業の深さを感じずには居られません。

IMG_9326s_20121021004007.jpg
名鉄5700系についてですが80年代を象徴するような直線的前面デザインと、名鉄らしい丸みのある車体断面が高次に融合した最後の傑作だと思います。
そして、5000系(初代)5200系SR車の後継者として、また名鉄最後の一般用2扉クロスシート車として今では孤高の存在となっています。
この「一般用2扉クロスシート」へのこだわりは長らく名鉄が持ち続けたものであり、私にとっては1996年に初めて名鉄を乗りに行ったときの記憶が無関係ではなかったと思います。
当時まだ「いもむし」こと3400系が健在で、古豪800形とともに3連で広見線の運用についていました。
私は事前に何の下調べもせずに名古屋入りし、犬山駅で同車を見かけたときは狂喜乱舞しました。
鉄道0005 鉄道0008s
その後、岐阜に向かうために乗った各務原線では吊り掛け駆動の7300系に乗車。
その吊り掛け車両とは思えない静粛性とクロスシートの座り心地にカルチャーショックを受けたのは言うまでもありません。
また、最後のHL車であった3780系も瀬戸線に現役だったのですが、大垣夜行で下り急行東海4号で帰る行程だった為乗車を断念したのです。
某氏が名古屋入りしたのはそれよりも年数が下った時代らしく、この下地の差が5700系への評価の違いなのか、それ以前の感性の違いなのか、不思議に思うところではあります。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/743-74893038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)