のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ミルフィーユの心
今週はじめの5日火曜日、会社帰りにいつもの模型店に立ち寄り一冊の書籍を購入しました。
IMG_6958s.jpg
「千葉の鉄道」 白土貞夫編著 彩流社
最近この彩流社の書籍を買う機会が多くなっているようです。
それだけ私の琴線に触れるテーマの写真集を多く出しているということの証左でもあるのですが。
この本も私が生まれる以前の昭和30~40年代の写真も多く、現在大きく発展を遂げた県内各駅の発展途上の姿を目の当たりに出来るのは貴重であると思います。
ま、購入の最大に決め手になったのは東武野田線の、しかも今まで世に出ていなかった写真が数点あることで、特に1969年の鎌ヶ谷駅の姿や船橋行のサボを掲げるナナハチの写真などはかなり貴重な記録ではないかと思われます。

そんな千葉への望郷の念に駆られたかどうかは定かではありませんが、本日休日出勤の帰り道に模型店に寄ってお買い物してきました。
IMG_6959s.jpg
営団05系4次車 基本+増結
その昔、GMカタログに05系の発売予定が載ったときは製作技術のことなど考えもせずに小躍りしたものですが、結局発売はされぬまま。
その後マイクロエースから第24編成(アルミリサイクルカー)が発売されますがこれは07系の金型を流用した「タイプ」であり、車体断面が大きく異なるという05系ファンをがっかりさせるには必要にして十分のモデルでした。
その後27編成(いわゆる05N系)も発売されますが、もともと実車があまり好みで無い上にこちらもやはり07系流用の「タイプ」。
05系ファンには受難の時代が続きましたが今回の製品でやっと「タイプ」から脱却。
個人的には初期車(チョッパ制御、方向幕、標準サイズの客扉、中央でセパレートされた側窓)で、営団時代の設定という完全に私好みの仕様で出たこともポイントが高かったです。
惜しむらくは「津田沼」と「東葉勝田台」の方向幕シールが入ってないということくらいでしょうか。

年末まで待てばもうちょい安く買えるのではないかなどと邪推もしましたが、買えずに後悔するのが一番悪いパターンなので、買って後悔なんてあるわけない。
スポンサーサイト

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

この記事に対するコメント

タイトルが意するのは何なのかって、wiki見たらびっくりですよ。干葉にはほぼ毎日上陸していますが・・・。

まあしかし、捻り過ぎですわw
【2013/11/10 19:15】 URL | マイアミ某@E217 #SFo5/nok [ 編集]

Re: タイトルなし
マイアミ某さん、こんばんは。
タイトルの件、定番ネタだと思っていたのですが意外と認知されていないのですね。
【2013/11/12 19:25】 URL | のび鉄 #- [ 編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2013/11/13 14:05】 | # [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://nobitetsu.blog72.fc2.com/tb.php/887-716af3d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)