のび犬と鉄建工団
鉄道、模型、その他日々の雑感などとりとめなく・・・。
プロフィール

のび鉄

Author:のび鉄
のび犬鉄道(略称のび鉄)は銚子・犬吠崎から横須賀市野比を結ぶ鉄道として計画されたとかそうでないとか・・・。
路線計画は立っては消え、立っては消え・・・お上からの免許剥奪も近い?

鉄道・模型の他、音楽・野球・車etc...適当にやってます。
別館的な何か

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

FC2カウンター

RSSフィード

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

あなたと、コンビに、
先週、某茄子が入ったこともありまして、ちょっと高額で購入を躊躇っていたヤツを買っちゃいました。
IMG_9292s.jpg
グリーンマックス 東武10030型(10050番台東武アーバンパークライン)
長ったらしいですが、これが正式品名です。

やはり、野田線沿線で生まれ育った身としては野田線専用形式とか専用塗装というのにぐっと惹かれるわけです。

IMG_9299s_201707202104413d4.jpg
GMのリニューアル後の10030系列は初めての購入ですが、びん底眼鏡と呼ばれた塗装済み板キットに比べると印象把握が雲泥の差ですね…。

IMG_9300s.jpg
幕板のブライトグリーンですが、微妙に存在感がウスい?
上下のビートが光を反射しているせいもあると思います。

表示類は前面の行先「柏」のみ。
種別幕はブラックアウトされているので、2014年のアーバンパークラインの名称の導入から2016年の急行設定までの2年間の姿と言うことになります。
現在の姿にするには別売りのステッカー、と言いたいところですが、種別表示が併記されている野田線用の側面幕が入った製品は今のところないようです。

IMG_9298s.jpg
60000系と並べます。
こうなると8000系も欲しくなりますね。
クーラーがプラっぽさ満開です。元気と時間があったら再塗装したいですね。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

夏だ!野球だ!
今日は午前中雨だったので少年野球の予定は中止となりました。

…というわけで
DSC_0046s.jpg
今日も来ましたメットライフドーム。

序盤のリードを投手陣が守り抜き、オリックス勝利です!
DSC_0051s.jpg

今季の観戦成績 4勝0敗
歓喜の渦と悲嘆の涙 決戦!メットライフドーム
今日は会社を速攻で飛び出して、埼玉の山奥、西武球場前へ
DSC_0039s.jpg
今日は内野自由席半額、さらにビール半額!行かないわけにはいかないでしょう。

ところで、私は間に合いませんでしたが、試合前には先日急逝されたライオンズ森コーチの追走式典がおこなわれたようです。
森コーチは私の一個上…、あまりにも若すぎる訃報に絶句です。
現役時代、森ー豊田の継投には何度苦渋を嘗めさせられたことか…。

しかし、試合ではそうも言ってられません。
打ってはマレーロの2発、投げては山岡が8回無失点、最後は平野が1死満塁と西武ファンを盛り上げるだけ盛り上げておいて結局無失点。
DSC_0043s.jpg
勝たせていただきました。

帰りの快速池袋行きは
DSC_0044s_20170630233822de0.jpg
40000系でした。

今季の観戦成績3勝0敗

テーマ:プロ野球 - ジャンル:スポーツ

今日のお買い物+α
本日の購入品
IMG_9287s.jpg
鉄コレの伊豆急100系セットA・Bと、東武ED5010前期型です。
伊豆急は花月園に間に合えば持って行きたかったのですが…。

おまけ
IMG_9288s.jpg
修善寺詣での際、模型店に寄り道したメンバーから流れてきました。
とっくに入手することを諦めていたクロスポイントの東武7870型です。
東武の模型に関しては、キットも鉄コレもだいぶ死蔵品が増えてきています…。
しかし、当分手がつけられそうにありません。

テーマ:鉄道模型 - ジャンル:趣味・実用

CKC夏合宿に行ってきました
去る6月24日から1泊で修善寺の花月園に行ってまいりました。
大きいほうも若干持参したのですが、他のお客さんもいたので自重し、Nのみの運転となりました。
IMG_4152s.jpg IMG_4154s.jpg IMG_4168s_20170627204424cb9.jpg
写真は少なめ、上手く撮れているのはこれくらいです…。

2014年以来、三年ぶりの訪問となりましたが、レイアウト自体はきちんとメンテナンスされているようで、私の走らせている限りでは脱線等のトラブルはほとんど見られませんでした。

幹事が急遽来られなくなるというトラブルもありましたが、欠員も上手く補充し、つつがなく散会いたしました。
自宅までの送迎を快く引き受けてくださった養老氏ありがとうございました。そして参加された皆さんお疲れ様でした。